このサムネ便利すぎる






期限付き「SMAP再結成」を呼び掛けた笹川陽平氏 その実現性は? | デイリー新潮

2020年の東京パラリンピックを全面支援する日本財団の笹川陽平会長(80)が、9月20日更新分の個人ブログで、「パラリンピックまでの期限付きでSMAPの再結成を」と提言した。解散前のSMAPがパラリンピックの応援サポーターだったのは知られているとおり。解散後も契約は白紙にはなっておらず、パラリンピックまで残っているのだ。現在はジャニーズ事務所を出た元SMAPの稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)がスペシャルサポーターを務めている。「約束」は果たされるのか。SMAPの再結成はあるのか?

9月20日に更新された笹川陽平・日本財団会長の個人ブログにはこう書かれている。

「夢の実現のために怨讐を忘れ、パラリンピックまでの期限付きでSMAPの再結成を願いたいものだ。『嵐』や多くの心ある芸能人もテレビ局も、パラリンピックの成功のために国民と一体となり、小異を捨てて大同団結し、未来志向のオリンピック・パラリンピックが大成功に終わる。それが、私の夢である」(笹川陽平氏の個人ブログより)

(中略)

気になるのは「SMAP再結成」の可能性だが、ベテラン芸能ジャーナリスト・渡邉裕二氏は「ある」と読む。それも年内に再結成すると見ている。

「再結成の場は大晦日のNHK『紅白歌合戦』。サプライズで登場し、ジャニーさんを追悼する。さらにパラリンピックへの応援を視聴者に呼び掛けると見ています。紅白は今年70回目で、記念すべき番組となる。それに相応しいスペシャルゲストはSMAPをおいてほかにいないでしょう」(芸能ジャーナリスト・渡邉裕二氏)

 年が明けたら、五輪とパラリンピック一色になる。同・渡邉氏は「その幕開けをSMAPが紅白内で告げる」と読む。その場にはNHKの「東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」の「嵐」も加わると見ている。

反応
そーいうのをたてまえにしての結集もありだと思う。
まずは動き出さないと

再結成 実現したら、こんなに幸せな事はない

全部を飲み込んで大人になったSMAPを見てみたい。ただ一人、浮いてる木村を受け入れられるかどうか、かな?

実現したら、そりゃもう日本中が大騒ぎだね

実現するしないは別として、笹川氏が再結成を呼びかけるって物凄い事ですよ。やっぱ5人が見たいんだよ。

今の若手ジャニーズをみてると、なんだかんだでSMAPって平和なグループだったよなと。たぶん、笹川の親父なら一声で実現していたと思う。