ラグビー






ビールは大量にあるが食べ物、お茶がない…ラグビー開幕戦日本vsロシア戦顛末記 | 日刊SPA!

競技場への持ち込み禁止物がチケットに大きく書かれている。「武器」「飲食物」「ビン・カン」「長傘」「自撮り棒」「ドローン」……。ここで大きく問題となるのは「飲食物」だ。大会スポンサーの大手ビール会社の利益を守るため、いかなる飲食物も持ち込み禁止となっている。

(中略)

地獄はここから始まった。競技場内で飲食物を調達しようとすると、どの食べ物も「売り切れ」。あまたある飲食ブースにはどこも「SOLD OUT」の文字が無慈悲にも踊っていた。その告知が少ないブースは長蛇の列。「なんで1時間前で食べ物が売り切れてんだよ!」「補充しないのか!」と怒号も飛ぶ始末。「次からは改善します」と係員は謝罪していたが「次はないんだよ!」と強烈なひと言をぶつける人もいた。  飲み物ブースは別れているのだが、生ビール「1000円」という文字にひるむ。さらにはソフトドリンクが売り切れているブースもあった。

持ち込み禁止にしておいてそりゃぁないよ……」。飲まず食わずで駆けつけた記者は呆然とした。






反応
ラグビーワールドカップの組織委員会の人に伝えたい、何でそんなにお金儲けのために人の気持ちや人の健康まで奪えるのか? 全ての人に知ってもらいたい、一見楽しそうに見えているであろう試合会場の中で起きてる現実を。 昨日の味スタ、今日の日産で起きたことは大問題だと思う。

もう私もラグビーは見に行きません

持ち込み禁止のクセに準備が無い。 トライ ニッポンじゃねーよ

これか!ビールだけは辛いなぁ…。しかも千円!?(@_@。

日本人は下戸というよりおつまみ系とセットでないと酒は飲みたがらない…

ルールも知らないのに付き合いとかで行ってる人とか地獄やろうな。俺はサッカーでも興味があるクラブの試合以外は現地では観ないようにしている。