ネバラン






浜辺美波『約束のネバーランド』主演が袋叩き エゴサ発動で「精神崩壊」寸前!?|エンタMEGA

「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載中の人気マンガ『約束のネバーランド』が2020年に実写映画化されることとなり、女優・浜辺美波が主演することが27日発表された。



浜辺のほか、共演に映画『万引き家族』での演技が評価された城桧吏や『仮面ライダージオウ』に出演した板垣李光人も出演。若手の有望俳優が多く出演するとあって、来年公開の邦画の中でも目玉となる予感がするのだが……、ネットでは、ブーイングの嵐だという。

「ブーイングの嵐となっている理由はいくつかあります。まず、マンガの世界観が実写化できるのかという疑問です。例えば、子供たちを食べる鬼が結構衝撃的でして。なので、実写に不安を隠せない原作ファンが多くいます。また、浜辺さんを主演にするために、12歳で鬼に献上されるという設定を16歳に変更した点にも『浜辺のためになぜ変えるのか!?』と批判が殺到。そのせいで、浜辺さんの演技力にも『代表作がこれといってないくせに!』『演技下手なのに主演ってありかよ』などの疑問の声が上がっており、浜辺さんにも批判が集まっています」(映画ライター)

 実写化だけではなく、浜辺にも批判が殺到。もともと実写化は批判が集まりやすいが、公開もされていないのにここまで批判が集まるとは、なんとも悲しい……。

 そんな声が上がる中、ある芸能記者は「この批判を知った浜辺さんの精神面が心配だ」と、こう語る。

「浜辺さんといえば、激ヤセが話題になっていますが、その要因のひとつに“エゴサ”があります。過去に彼女はイベントでエゴサしていると公言しており、自身への批判も見てしまっているはず。今回の実写化でここまで批判が出ているとなると、エゴサしてのショックも相当なもの。

 またヤセてしまうという可能性もありますし、精神崩壊まで進むかも。まだ十代で将来もある有望株ですから、あまり叩かず、長い目で見てあげて欲しいですね」

反応
浜辺美波は老け顔だから16歳でも厳しいのにw

なんじゃこりゃ…。原作愛云々の前にキャラの初期設定を重視しやがれ

約束のネバーランド、浜辺美波ちゃんは本当になんっっっっっにも悪くないからまじで責めないで この子嫌いではないけど…とかまじでいらない 実写化自体に文句があるなら女優について何も言わなくていいからまじで

約束のネバーランドの実写化て………浜辺美波ちゃんはとてもかわゆいが…成功するとは思えない

浜辺さんも被害者側なんだろうけど、彼女達を無理矢理起用するために設定変更しているのは事実だからなぁ。12歳以下の子どもが考える脱走劇だからこその緊迫感とかの根底が丸崩れしている。