ドコモ






ケータイショップ店員はボランティアではない、ドコモが一部サポート有償化へ | 日経 xTECH(クロステック)

販売台数の減少は業界共通の悩みだが、もろに打撃を受けそうなのがケータイショップを運営する販売代理店である。携帯電話大手から受け取る販売手数料が減るためだ。その一方で朗報も出てきた。ケータイショップにおけるサポートを一部有償化する動きが進みつつあるのだ。NTTドコモが2019年12月からの導入を検討している。

NTTドコモが検討しているのは、他店舗で購入した「持ち込み端末」に関するサポートの有償化である。

 自店舗で購入した端末についてはApple IDやGoogleアカウントの設定、電話帳の移行などを原則、無償で受け付けるが、持ち込み端末については3000円の手数料を徴収する方向で調整している。さらにFacebookやInstagram、LINE、モバイルSuicaなど他社アプリ・サービスのサポートもメニュー化し、有償で受け付けていくことを検討しているようだ。

サポートの有償化についてはソフトバンクも前向きに検討している。

反応
いいんじゃね?PCデポとか高額とってるよ

そもそも論として会社名を掲げてケータイショップをしている時点で客が勘違いしているのでは?って思うの。代理店の店員とキャリアの社員の勘違いみたいな。高齢者とか特段に。

客はサービスには対価を払う、それが当たり前だと思う

今まで無償だったの?逆に驚いた

こうでもしないとどうしようもない客が増えてるといことなのかもね……

てっきり有償だと思ってたわ・・・。