日本






柳井正氏の怒り 「このままでは日本は滅びる」:日経ビジネス電子版

最悪ですから、日本は。

 この30年間、世界は急速に成長しています。日本は世界の最先端の国から、もう中位の国になっています。ひょっとしたら、発展途上国になるんじゃないかと僕は思うんですよ。

 国民の所得は伸びず、企業もまだ製造業が優先でしょう。IoTとかAI(人工知能)、ロボティクスが重要だと言っていても、本格的に取り組む企業はほとんどありません。あるとしても、僕らみたいな老人が引っ張るような会社ばかりでしょう。僕らはまだ創業者ですけど、サラリーマンがたらい回しで経営者を務める会社が多い。こんな状況で成長するわけがない。

 起業家の多くも上場して引退するから、僕は「日本の起業家は引退興行」と言っています。今、成長しているのは本当の起業家が経営している企業だけです。

 結局、この30年間に1つも成長せずに、稼げる人が1人もいない、稼げる企業が1社もない。いや、1社はあるかもしれないですけど、国の大きさからいったらあまりにも少ないし、輸出に依存していてグローバルカンパニーにはなっていない。稼いでいる人がいなかったら家計は成り立たないでしょう。30年間、負け続けているのにそのことに気付いていません。

反応
「下請けやバイトをこき使ってお金持ちになった人」ということではワタミのエライ人と同類なんだけど、片方は叩かれ片方は賞賛されるんだから、世の中いい加減なもんだ(笑)

これこれ。怖れを振りまいて金を巻き上げるいつものこいつらの手だよ。こいつらが滅ぼさせてるんだよ。

じゃー政治家になればいいのにね 価格破壊起こしたの違うの?(笑) ニトリの会長の日経年末予測とかも 胡散臭い(笑)

私の予想では柳井の命が尽きる前に日本が滅びることはないと思いますので、あまり心配してもらわなくてもよろしいかと。むしろ先行き不透明なユニクロが存命中に滅びることを心配した方がよろしかと。

個人的にはあと30年持ってくれたらそれでいいや。後のことはしらん。