うーん






試験中トイレで1割減点 滋賀の県立高校で10年以上前から - ライブドアニュース

滋賀県立八幡工業高校(近江八幡市)で、定期試験中にトイレに行くため退席した生徒の点数を1割減点していたことが10日、同校への取材で分かった。

 10年以上前から行われていたといい、8日から始まった中間テストから廃止した。

 同校によると、今年度は1人、昨年度は9人が対象となったが、減点で通知票の評価が下がったことはないという。

 減点措置は、試験中に途中退席する生徒が多かったため設けられた。試験前に教員が口頭で生徒に伝え、退室を申し出た生徒には「減点されるかもしれない」と教員が確認した上で、別の教員がトイレに連れて行っていた。一部新聞社が今月、この措置について問い合わせしたことを受け、廃止した。

 中辻仁史校長は「生徒に我慢を強いた非人権的な規則だった。全校集会を開いて生徒に謝罪したい」と話している。 

反応
これは、やり過ぎ。むしろ、生徒の 意見を尊重するべきだ。

「先生ションベン」からのカンニングがかつてあったんだと考えられます。しかしトイレの途中退席は強制終了のうえ0点よりはまだ良心的かと思いますよ

こんな事、外圧なかったら廃止してないって部分が恐ろしすぎるわ笑

だったら答案用紙もトイレに持ち込んでカンニングしまくってもいいよな。それ前提で1割減なんだろ?

今はスマホあるからカンニング対策もあるんだろうけどさ・・・。