ホリエモン






堀江貴文「気まずい人間関係は切ってもいい」 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

子どもの頃から、あまり友達はいなかった。1人もいなかったわけではないけれど、すすんで友達を増やしたいほうではなかった。

人と話すのが苦手ではない。でも、コミュニケーション上手とも言えない。おしゃべりは大好きなんだけど、場の空気を読んで、僕のほうがあれこれ気を回さなくてはいけない相手とは、一緒にいたくはない。

(中略)

友達の基準みたいなものが、人にはある。第1は「話が合う」ことだろう。僕もそうだ。ただ、話が合わないと少しでも感じたら、もう、一瞬で捨てる。関係を維持するための気づかいやコストはいっさい、払いたくない。

身勝手で冷たいと思われるだろう。だが僕としては、気を遣ったり、つまらないと感じる友達と、仲良くしている意味は、何なのだろう?と、不思議になってしまう。最初から話が合わない相手は問題外として、話が合っていた友達なのに、だんだん合わなくなって気まずい……という状況は、誰しも経験すると思う。

その場合、僕は、迷わず捨てる。

反応
人間関係はその人の生き方とセットだから、人間関係だけを切り離して考えることはできない。ストレスのある人間関係を整理しても生きていける状況にない人、その状況を作ることができない人がこれを読んで共感できたとしても実行はできない。

同意です。
自分をアップデートする度に付き合う人間が変わる、というか変えていくべき。

図らずも似たような感じに長い付き合いの友人はおりませんが、捨てるって言うのはなんか違うなぁ。自然と疎遠になると言う感じですね

話が合わない人とは最初から仲良くならんような。どこからを「友達」と呼ぶかは人それぞれだけど、ビジネスや交友関係で知り合った人たちも含めるなら「やっぱり話が合わないから切る」ってのは正解か。