Stadia






Googleのクラウドゲーミングサービス「Stadia」が11月19日よりサービスイン - PC Watch

 米Googleは15日(現地時間)、ニューヨークで新製品発表会を開催し、クラウドゲーミングサービス「Stadia」を11月19日より14カ国でサービス開始すると発表した。なお、日本は含まれない。

 Stadiaはクライアント側の操作をクラウド側に転送し、クラウド側でゲームをレンダリング/処理、そのあと映像や音声をストリーミング配信する。Chromeブラウザが動作する端末であればよいため、ローエンドなPCやスマートフォン、Chromecastなどでも、従来ハイエンドクラスのPCが必要としていた3Dゲームをプレイできる。



なお、Stadiaのサービスは無料版と、毎月9.99ドルの「Pro」版がある。前者は1080p/60fps/ステレオに制限され、遊びたいゲームを購入する仕組み。後者は4K/60fps/5.1サラウンドで利用でき、遊びたいゲームを購入するほかに、いくつかのゲームが追加費用なしでプレイできるようになる。また、Proユーザー向けのゲームのディスカウントも提供される。

速報:Stadia は11月19日から14か国で開始。Googleのストリーミングゲームサービス - Engadget 日本版

Stadia のユニークな点は、より快適に遊ぶための専用コントローラ Stadia コントローラを用意すること。

ストリーミングゲームは「映像を再生するだけなのでデバイスを問わない」と言いつつ、プレーヤーの入力から映像が戻ってくるまでの遅延を短縮するため、コントローラ側の最適化も課題でした。

Stadia コントローラはスマホやPCに接続するのではなく、コントローラ自体がルータを介してネットに接続することで、入力遅延を最小に抑えるアイデアです。

反応
これゲームは別売りなんだね。ならいらんわps4 とswitchあるし。ゲームソフト代含めてだと思ってたわ

遅延を解消する為にコントローラーがルーターに繋がるんだと。変態的発想。
専用コントローラーはちょっと面白そうやな。月額料金とゲームは別料金ってのが話題になっているけど、個人的には無料版に期待している。ロンチ後の評価待ちやな。