ファミコン






ファミコンソフトに名前が書かれたカセットを展示する「名前入りカセット展」が秋葉原で開催。自分のソフトがあれば、その場で返却(電ファミニコゲーマー) - Yahoo!ニュース

 名前入りカセット博物館運営委員会は、「名前入りカセット展2019」を東京・秋葉原にあるフライハイカフェで開催すると発表した。期間は11月16日(土)から12月8日(日)、オープン時間は平日16:00から21:00、土日12:00から21:00。入場料は無料となる。



今回の「名前入りカセット展2019」は、名前入りカセット博物館・館長の関純治氏が集めた名前入りファミコンソフトを展示してそれを皆で愛でると共に、その持ち主がいれば返却する催しだ。

 1000本以上の名前入りファミコンカセットを展示して、持ち主がそれを証明できれば、その場で返却するという。なお、展示中も会場となるフライハイカフェは通常営業となり、運営するフライハイワークス社が配信するゲームもプレイできる。

反応
面白い試みですね。
ただ、同姓同名の元所有者が現れた場合の対応が少し気になります。

すごく面白い発想。
昔、名前を書いてたら中古屋で100円でしか買い取ってくれなかったから途中から名前は書かなくなったな~
その結果悲惨なめにもあったけど。。。

友達?に貸したはずの自分の名前入りのソフトを中古売り場で見かけたときの絶望感よ

一体何本の「たかし」や「けんじ」があるんだろう。

斬新さの中にも優しさを感じる。

証明って名前確認で、後は本人の年齢である程度判断ってところか。俺は名前は書かなかったなぁ、ファミコン全盛期は中学生だったし