五輪






中学高校にボランティア参加人数を割りふり 東京五輪・パラ | NHKニュース

強制ではないということですが、果たしてボランティアといえるのでしょうか。

来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京都は、ボランティア体験を希望する中学生と高校生を募集していますが、実際は具体的な人数が学校ごとに割りふられ、学校によっては半ば強制的に参加を求められていることがわかりました。専門家は「ボランティアに大事なのは、自発性だ」と批判しています。

(中略)

東京都は町なかで観光案内などをするボランティア体験として、都内の中学2年生から高校3年生を、およそ6000人募集する計画を立てています。

これについて都の教育委員会は、あくまで任意の参加と説明していますが、実際は中学校の場合、5人の生徒と引率する教員1人が割りふられていて、学校によっては半ば強制的に参加を求められていたことが関係者への取材でわかりました。

(中略)

取材に応じた都内の教員が勤める学校は、先月、校長から「区内の校長が集まる場で都教委が指定した人数を必ず出すように通達された」と説明を受けたということです。

その場で、教員からは「必ず出すというのでは、ボランティアの趣旨に反するのではないか」といった意見が出されたということですが、すでに校長会の決定事項だとして生徒5人をボランティアとして出すことを決めたということです。

この教員は「興味がある生徒が参加するのはとても貴重な経験なので、活動自体は否定しません。ただし、それが強制的となると趣旨は変わると思います。このやり方だと無償で使える人間を効率的に集めるために学校が使われていると感じ、動員じゃないかという疑念が拭えません」と話していました。

反応
平和の祭典で強制ボランティアという事実上の「無賃労働」を強いるのは、いくら人手不足でもまずいのでは

うん、ボランティアの意味を歪められてしまうね。
成人しても社会活動に関心持たれなくなる理由わかりましたわ。

対象は公立校だけかな?私立で良かった

ボランティアというのは強制参加させるものではないぞ
これ考えたの誰よええ加減にせえよ

わぁ...なんかそのうち社会人にも来そうで怖いわ...w

まぁ上級国民の子女が通うような学校は対象外だろうしな。