Stadia






ついにローンチした「Google Stadia」のレビューが登場、未来は感じさせるがまだ荒削りとの評価 - GIGAZINE

2019年11月19日(火)からGoogleのクラウドゲームサービス「Stadia」が、北米やEUなど合計13カ国で正式サービスを開始しました。インターネット環境さえあれば、ノートPC、スマートフォン、テレビモニターなどで最新のゲームが楽しめるというStadiaですが、実際にプレイした人からは「Wi-Fi接続時の動作が不安定で画質も低く、まだまだ荒削り」といった声が挙がっています。

(中略)

実際にStadiaを有線でインターネット接続して使用すると、遅延はほとんど存在せず、オンラインでの通信対戦で格闘ゲームをプレイしても肉眼で確認できるような入力ラグはなかったとのこと。ニュースサイトArs Technicaの記者は「有線で接続した場合、Stadiaは仕様どおりの性能を発揮します。フレームレートは60fpsで安定しており、手元にあるゲーム機でのプレイと区別できません」と評価しています。

一方で、Wi-Fi接続すると途端に問題が発生します。1階上の部屋に設置されたルーターに接続したChromecast Ultra経由でStadiaをプレイすると、最初は有線接続と同様にスムーズにプレイできたものの、すぐにChromecastの接続状況が「不安定」になり、解像度やフレームレートが急激に低下し、ついにStadiaがメインメニューに戻ってしまったとのこと。再接続は非常に早かったものの、プレイは中断されてしまうため、満足に通信対戦ができない状態だったとのことです。

(中略)

The Vergeは「Stadiaのゲームが最高の画質設定で配信されていないことは明らかなので、ゲーム機やハイエンドのゲーミングPCと同様の映像や動作を期待している場合は、がっかりする可能性があります」と結論。

Ars Technicaも「Stadiaはコントローラーを手にしてから数秒でゲームを開始可能で、ノートPCやスマートフォンでもプレイできるので、最高のグラフィックを大画面で見ることにこだわらないのであれば、かなり良い選択肢となり得ます。しかし、手元にあるゲーム機と同様の快適さをクラウドから得られる新しい製品かといわれれば、現状のところ答えは『ノー』です」と述べて、手軽さや複数の機器でプレイできることは評価できるものの、グラフィックや快適さはゲーム機に劣るとの評価を下しました。


指摘されているとおり、クラウドゲーム自体は既に10年近く昔から実用的なレベル。Googleに期待されているのは軌道に乗るまで赤字垂れ流しでも我慢し続ける忍耐。

後はほぼ全てのデバイスで利用可能になり、基本無料で使えるフリープランがスタートしてからやな。