いたい






12歳少年、尿道に大量のマグネットボールを詰め激痛 「とても危険」と医師 ニュースサイトしらべぇ

中国湖北省の武漢市で、このほど12歳の少年が激しい下腹部痛を訴えて武漢市児童医院を受診した。最初は内科に通されたが問診や触診では原因がつかめず、X線検査が行われて泌尿器に問題があることがわかった。

少年の膀胱と尿道には球状の小さな異物が大量に連なり、ハート型の鍵のような形をなしていることが画像診断で判明したのだ。

すぐに手術が行われて31粒ものバッキーボール(Buckyballs)が摘出されたが、泌尿器科のワン・ジュン(Wang Jun)は「予想した以上に困難をきわめ時間を要した」と話している。

磁石タイプのバッキーボールは互いに強く引き合い、滑りやすく、せっかく粒を掴んでも強力な磁気ですぐに引き戻されてしまう。

この失敗が何度も繰り返され、ワン医師は膀胱に空気を充満させることを考えた。その試みにより、やっと掴んだ粒を他から引き離せるようになったという。

ワン医師に、興味本位で70日前にバッキーボールを尿道から次々と奥に入れてしまったことを告白した少年。

だが医師はさほど仰天しなかった。尿道に異物を詰め込んで取れなくなり、泌尿器科に駆け込むという事例が中国では時おり報じられており、電線、針金や耳かきなど摘出されるものも様々だからだ。

中国浙江省でも今年3月、11歳の少年の尿道と膀胱から70粒も摘出されて大きな話題となったバッキーボール。その際、医師は米国ですでに販売禁止となっているこの玩具を「非常に危険。幼い子が誤って飲んだら命にもかかわる」と指摘していた。


マグネットパワーの元祖、ネプチューンマンもビックリやで。聞いただけで痛そう。