iPhone






iPhone2021年モデルの1つはLightning廃止で完全ワイヤレス? iPhone SE2 Plus(仮)が登場の可能性も - Engadget 日本版

アップルのインサイダー情報で知られるアナリストMing-Chi Kuo氏は、新たな研究ノートを発表しました。それによるとアップルはハイエンドモデルの中でも「最上級モデル」とそれ以外の差別化をさらに進めるとのこと。2021年後半登場のiPhoneラインナップにおいて、最上級モデルではLightningポートが廃止され、「完全なワイヤレス体験を提供する」との予想が述べられています。

完全ワイヤレスイヤホンAirPodsや外部ポートのないApple Watchなど、「ワイヤレス」はアップルにとって自社製品を差別化するうえでの指針となりつつあります。2017年発売のiPhone Xも、開発版にはLightningポートが搭載されず、ワイヤレス充電のみ対応としたモデルがテストされていたとの噂もありました。

さらにKuo氏は、2021年の早い時期に「iPhone SE2 Plus」が発売されるとも予測しています。その画面サイズは5.5インチまたは6.1インチとなり、フルスクリーンデザイン(前面にホームボタンがない)を採用するとのこと。顔認証のFace IDは搭載されないためノッチ領域は小さくなる一方で、指紋認証のTouch IDは側面にある電源ボタンと統合されると予測されています。

反応
中古で5s→SE→SEと渡ってきたけど、久々に新品を買うことになりそうだ。ちょっと楽しみ。

うちのSEを替えるまで今の端末(SE)は保たない気がする…
ただでさえここ数日リンゴマークよくみてる気がする

電話出来て、ちょっとネット出来て、電池保つだけであとはどうでも良いんだけど。

会社デ充電デキナイ・・・

今でもSE使い続けているのは小さいスマホを求めている人だろうし、更に大きくしてどうするんよ・・・と。完全ワイヤレスは面白そうだけど