置き配






アマゾン、全国で「置き配」 日本郵便と20年に  :日本経済新聞

アマゾンジャパン(東京・目黒)は2020年に、希望者に対してネット通販の荷物を玄関前などに置く「置き配」を全国展開する。自社の配送網のある地域に限ってきたが、宅配3位の日本郵便と連携する方針を固めた。再配達は日本の宅配便全体の約2割を占め、年に9万人の労働力を要している。減らすことで配達員の負担の軽減や業務の効率化につなげる。

(中略)

アマゾンは商品の注文時に玄関前やガスメーターボックス、車庫などから置き場所を選べるようにし、2月から自社の配達網の一部で置き配を開始。日本郵便が持つ国内2万4千局の郵便局網を活用し、全国に広げる。

日本郵便は配達員が荷物を置いた様子をスマートフォンで撮影しアマゾンに送信、その後アマゾンからアプリやメールで受取人に配達完了を知らせることを検討している。配達した後にアマゾンの荷物の盗難や破損があれば、同社が消費者に商品の再送や返金などで対応する。盗難の防止策や配送伝票が見えることへの利用者の不安など、置き配の普及に向け課題の解決にも取り組む。

反応
まずは宅配ボックス設置を義務化すべきだと思うな。話はそれからだ。

安全性がもう少し担保されれば良い仕組みだとは思うけどな

承諾してないのに置き配されたことあります

盗難や破損をアマゾンが補償して全国展開か。

必ず家にいる時は「置き配」はありがたいです。
手が離せなくて「出れない時」がたまにあるので。

我が家は常に誰かいるので不在になる事はないけど、補償とかしてくれるなら積極的に使うところも増えそうやな。ただ、「勝手に置き配」も増えてくる恐れ。