ドン底






人生で一番不幸と感じる年齢は平均47.2歳であることが判明。ミドルエイジ・クライシスは本当だった(米研究) : カラパイア

ミドルエイジ・クライシスという言葉があるが、それを証明するかのように、先進国において一番不幸せを感じる年齢は47.2歳であることが判明したそうだ。

 米ダートマス大学の経済学者デビッド・ブランチフラワー教授らは、123ヶ国のデータを用いて、幸福と年齢との関係を分析した。

 その結果、どの国でも、人は47.2歳前後になると人生のどん底を感じていることがわかったという。

(中略)

調査の対象となった123ヶ国のどの国でも一生の幸せは、U字のカーブを描くことが明らかになったという。

 つまり、幸せな子供時代を過ごした後、そうした幸福感は徐々に薄れてしまう。そして先進国では47.2歳(途上国では48.2歳)でどん底を味わうのだ。だが安心して欲しい。そこからまた幸福感を感じられるようになるということだ。

反応
組織の中にいたら自分がやれる仕事の天井が見えてる時期だもんね

アラフォーはメンタルやられてる人がホント多いと思う。自殺率、犯罪率ともに高い。解決策は、何か面白いと思える事を始める事だと思う。

子供のある人もない人も、仕事がキツイ人も仕事が見つからない人も、景気のいい国も悪い国もみんなまとめて同じ年齢ってことは
体力的な低下や残り余命の影響が大きそうだね

そうそう、47歳くらいが一番(自分が回りがこれからが)わからなくなってた時期だよ。その頃を10年過ぎた今だけど、結構幸せでいる。生きてさえいたら、丸儲けだよ。

まぁ40代は人生の転機も多いからなぁ。なんだかんだで俺も40代前半に今の生活にシフトして7年ぐらい経ってる訳やし。