天気の子






映画『天気の子』アメリカで初登場2位の大ヒット! 興行収入は『君の名は』の倍に! : ユルクヤル、外国人から見た世界

全米で15日に公開となった新海誠監督のアニメ映画『天気の子』。初日興行収入は159万ドル(約1億7,500万円)で2位を記録したことが判りました。



15日と16日の『天気の子』上映は”Special Fan Preview“と名付けられた、17日の本公開を前にした特別上映でした。

映画興行収入集積サイトMojoによれば、両日の上映館数は1,020館。初日興収は159万4,427ドル(約1.75億円)、2日目は144万5,534ドル(約1.60億円)を突破し、箱平均では1,500ドルという高い売上を出したようです。

前作『君の名は。』はアメリカ初登場12位を記録。上映館数が311館と少ないこともあり、初日興行収入は70万6,932ドル(約7,786万円)でした。

「天気の子」Blu-rayスタンダード・エディション
東宝 (2020-05-27)
売り上げランキング: 6


反応
君の名ははすでに海外でも有名だったのに公開が1年後だったからな、出遅れた感が否めなかったよ

寧ろポリコレに乗っ取られてクソと化したスターウォーズがよく頑張っているともいえる

やっぱり内容は浅い感じするよなぁ
絵は美しすぎて泣けたが

次に映画館行くのはどの映画だろうなぁ。逆シャアやイデオン発動篇なら何度でも見に行きたいけど。