Windows7






サポート終了のWindows 7、最終アップデートで壁紙が消える不具合発生 - PC Watch

1月14日にサポートが終了したWindows 7だが、Microsoftが同日にリリースした最後の月次アップデート「KB4534310」を適用したユーザーから、デスクトップの壁紙がおかしくなるとの報告がMicrosoft ForumやRedditで挙がっている。

 不具合を報告しているユーザーによれば、アップデート適用後、再起動したさいに、デスクトップのアイコンなどに異常はないものの、壁紙が表示されなくなり、背景が真っ黒な状態になってしまったという。どうやら壁紙を拡大表示にしているとこの症状が発生してしまう模様だ。

 現時点ではこのバグを修正するパッチがリリースされるかは不明である。

反応
最後っ屁が草

win10にアップグレードしてねっていう高度な戦略なのでは

いいねぇ。いい措置だと思う。

サポート終了日に新たなバグを含んだアップデートを配信するって...w

まぁ使い続ける予定の人はこれぐらいは余裕・・・やろ。