なんじゃこれ






勘違いで性交、罪成立せず 名前1文字違い、大阪地裁 | 共同通信

面識のない女性宅に侵入し、女性と性交したとして男性元被告(38)が準強制性交と住居侵入の罪に問われた裁判で、女性が元被告を知人男性と勘違いした上、元被告も誤信させた認識がないとして、大阪地裁(渡部市郎裁判長)が準強制性交罪の成立を認めない判決を言い渡していたことが24日、分かった。元被告と知人の名前が、たまたま1文字違いだった。

 判決は昨年12月17日付で、住居侵入罪のみで懲役8月(求刑懲役5年)とした。検察側、弁護側双方控訴せず確定した。

 判決などによると、元被告は統合失調症で、2018年、女性が住むマンション前を通った際、運命の人がいると考えた。

反応
いろいろと訳の分からん事件やな・・・
記事の最後の「運命の人がいると考えた」って何やねんwww

エロマンガかよ!

今一つよく分からないけど、住居侵入で実刑なのね…

つまりあれかな、このマンションには運命の人がいるはず!と思ったやべえ男が、適当にピンポンした家にたまたま女性が住んでて、名前名乗ったら、女性の知人男性と似た名前だったから、あああいつかってホイホイ家に入れてエチなことしたってこと?

今日いちばん難解な事案。

これからはやる前にこう言おう。
「君の名は」

部屋が暗い状態で入り込んだんかな。だとしたら顔が違う等の疑問は解決するけど。それでも情報量が多いというか、混乱するというか、エロマンガやん。