DeNA






DeNA、3Q累計で502億円の最終赤字 不調のゲーム事業で減損損失計上(ITmedia NEWS) - Yahoo!ニュース

ディー・エヌ・エー(DeNA)が2月5日に発表した2020年3月期第3四半期累計(19年4月~12月)の連結決算は、売上高が前年同期比3.7%減の911億6200万円、営業損益が441億6100万円の赤字(前年同期は85億8300万円の黒字)、最終損益が501億7900万円の赤字(80億700万円の黒字)と、大幅な減収減益だった。

ゲーム事業で想定していた収益が見込めなくなり、ゲーム事業に関するのれんの減損として401億6400万円、ソフトウェアの減損として81億3500万円など、計493億3700万円の減損損失を第3四半期に計上したことが響いた。

 セグメント別の業績は、ゲーム事業の売上高が前年同期比3.8%減の601億1900万円、営業利益が32.6%減の89億100万円。プロ野球チーム「横浜DeNAベイスターズ」の運営など、スポーツ事業は好調で、売上高は19.4%増の188億4900万円、営業利益が22.6%増の37億800万円に伸びた。

反応
ベイスターズがメイン事業になるくらい、更に投資して欲しいですね!

不採算事業は切り捨てて、採算が取れる事業に集中した方が良いのでは?

モバゲーがDeNAより知名が上だった感がある

ベイスターズは大丈夫?

任天堂とタッグ組んでなかったけ?