スクエニ






【速報】スクエニHD、3Qは売上高4%増、営業益2.2倍に 『ロマサガRS』や『ドラクエウォーク』の貢献でデジタルエンタテインメント事業が好調 | Social Game Info

スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>は、2月5日、2020年3月期の第3四半期累計(4~12月)の連結決算を発表、売上高1897億円(前年同期比4.4%増)、営業利益277億円(同124.3%増)、経常利益279億円(同68.4%増)、最終利益191億円(同106.6%増)となった。

『ロマンシング サガ リ・ユニバース』や『ドラゴンクエストウォーク』の好調でデジタルエンタテインメント事業の営業利益が前年同期比93.6%増となったことや、出版事業がマンガアプリの「マンガUP!」や電子書籍等のデジタル媒体での販売が大幅に増加するなど好調だったことが業績をけん引した。

140120200205457768.pdf



「ファイナルファンタジー7 リメイク」の年度またぎ延期が発表された時「来年度に回しても業績達成できる見込みが立ったんだろうなぁ」と思っていたけど、やはりそんな感じやね。もし計画がヤバそうなら1ヶ月程度のブラッシュアップで年度またぎとか認めなかったはず。