きめつ






『鬼滅の刃』が大人気になった背景とは 物語を畳み始めた理由はなぜなのか ページ 3 ニュースサイトしらべぇ

宮室信洋(メディア評論家)

現在、『鬼滅』は終局に向かっているようだ。こんなに人気が出ている時に早くも終わってしまうのかと騒がれている。『鬼滅』は、突然ラストバトルへと物語を畳んだ感があるのだ。昔のように楽しく描けているのか疑問に思われる部分も。

漫画家は過酷な職業である。体力の限界が来たのかもしれない。それとも新しい展開を思いついたので急いでいるのだろうか。

仲間側が何人か死んでいるので、このまま新しい展開は考えづらい。あるとすれば、作者自身もファンである『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズのような、国や世代を変えての新章展開である。

しかし、連載前よりアクの強い作品を描いていた作者なので、もっと新しい別の作品を描きたくなっている可能性も高い。いずれにせよ、吾峠の今後の展開に注目だ。

反応
急にでもないと思うが…もともと人気が出れば延々と引き延ばしたがるジャンプ編集部に対して終わりの形が決まってる作者の要望が通ったという印象

アニメ化前から読んでる人なら「急に畳み始めた」とは思わんやろ。もしアニメ化前から今のような人気だったなら展開も変わっていたかもしれんけど。ここまでやって急に引き延ばしやると編集側が叩かれる流れになりそう。