うーん






映画「バイバイ、ヴァンプ!」公式サイト

バイバイ、ヴァンプ!をご覧頂いたく皆さまへ
この映画には一部、同性愛の方々に対し不快な思いを抱かせる表現が含まれているかもしれませんが、同性愛を差別する作品ではありません。

愛とは自由であり、人それぞれの愛が尊重されるものであるというテーマのもと、製作されました。

それは綺麗事だけではなく、愛を貫くためには乗り越えなくてはいけない壁もあります。

しかし、それを乗り越えた時に人はもっと強くなり、そして自分らしく、異性も同性も隔てることのない「人としての愛」を見つけることが出来ると信じています。

この作品は、そのテーマをエンターテインメントな作風で描いているため、

一部の方に誤解や混乱を招いた事をお詫び申し上げます。何どぞご理解頂けますことをお願い申し上げます。



キャンペーン ・ #nolgbtqphobia 同性愛蔑視表現を含む「バイバイ、ヴァンプ」の公開停止を求めます。 ・ Change.org



反応
告編を見たが、2020年になっても、こんなあからさまに同性愛をなってはならないものとして描くとは。当事者の若者が傷つくことを考えなかったのか。 噛まれたら同性愛者に!?

バイバイ、ヴァンプ!観てないないんだけど、ああいうのって相当上手くやるか異性愛者も同性愛者も平等にdisりまくるサウスパーク級の不謹慎で突き抜けるしかなさそうだけど難しいだろうし、ちょうど影裏とかhisとか所謂LGBT要素のある良作がやってる中で公開したらそりゃこうなるよねって感じはするな

「バイバイヴァンプ」という映画、の問題について、いわゆるアイデンティティの問題で「当事者」じゃなくても。つくり手側の批判への回答を見てると、かなり重大な問題を孕んでいることが段々見えてきた。 性や暴力に対して、日本人はあまりにウブ過ぎるし、鈍過ぎるという印象

バイバイヴァンプ的なやつ、傷つくか傷つかないかとかそういう問題ではなく、「え?2020年ですよね?」って思う笑。何かを表現するときに、何が差別なのかくらいそろそろ意識的になりませんかねっていう。物凄く低レベルだなと思います。

バイバイヴァンプの製作陣は本気で同性愛者なんてこの世にいないと思ってるんだろうなあ。だから"同性愛"に穢れてもヘテロの愛で打ち勝つ映画が「普遍的かつ綺麗事に負けない愛の描写」だと思ってるんでしょ?すごいわ

俺もホモは苦手だけど、今の時代にコンテンツ側がやっちゃうと大炎上するやろって危機意識がないのがアカンすぎるな。個人の感想としては今後も発信していくけど。