いいね!






休校・外出自粛の長期化で10代の妊娠相談が相次ぐ 懸念が高まる - ライブドアニュース

■バイトできずパパ活? 家に居づらく「彼氏の家に」

 神戸市北区の「小さないのちのドア」が24時間365日行っている相談窓口には、2月末以降、特に10代の女性から「妊娠したかもしれない」という電話やメール、LINEが相次いで寄せられている。
当初は土日が中心だったが最近では毎日数件はあり、既に妊娠検査薬で陽性反応が出ている子もいるという。

 詳しく話を聞くと、休校や外出自粛で「恋人や友人の家にずっと入り浸っていた」という例や、「相手はかなり年上」「初めて会った人で、その後連絡がつかない」という内容も増えてきたといい、「飲食店等のバイトがなくなり、パパ活や援交などに手を出している子も少なくないと感じる」と相談に乗る助産師ら。

反応
人口増加きたー

元気があってよろしい

少子化に一筋の光が

里子に出して少子化解消

ベビーブームきちゃううううううう
命名はコロナ世代な

コロナ世代のコロナチルドレン

まぁ育ちの悪い子供ばっかり増えてもなぁ。最低限、ちゃんと税金を納めるぐらいには育ってほしい。