GT7






Racing cockpit manufacturer Gran Turismo 7 “leak” a mistake [Updated] – TheSixthAxis


オーストラリアに拠点を置くプロのレーシングコックピットメーカーが、『グランツーリスモ7』が今年中に発売されることを明らかにしたようですが、これはソニーのプレイステーション5向けローンチタイトルの一つになるかもしれません。

Next Level Racingはプレイステーションの公式ライセンシーで、非常に大きくて高価なコックピットを製造しており、プレイヤーがドライビングゲームをプレイする際に、より良いシミュレーションができるようにしている。彼らのInstagramページでは、「2020年に最も楽しみにしているレースゲームは何か」と質問し、新作ゲームを表す4つのロゴを投稿しています。ダート5』が表示されているが、これが本物であることは分かっているし、『F1 2020』と『AMS 2』(Reiza Studiosの『Automobilista 2』の略称)もそうだ。

これらのゲームの間には「グランツーリスモ」のロゴがあり、隅には数字の「7」が描かれています。

他の3つのゲームが存在する以上、彼らがGT7のロゴをモックアップするのは奇妙に思えるし、前述したように、彼らはプレイステーションと提携しているので、今後のゲームについての内部情報を持っているだろう。また、彼らは偽物のゲームを作るのは非常に愚かなことだと思います、ソニーは満足しないでしょう。グランツーリスモ7』のロゴを掲載したことに気付いても、ソニーは嬉しくないでしょうね。



現在、ネクストレベルレーシングは『グランツーリスモ7』の発売についての知識を否定していますが、同社の声明は以下からご覧いただけます。

"私たちのチームは、ロゴを使用した私たちの最近の投稿がメディアによって誤解され、私たちの情報を反映したものではないことを認識しており、GT7の発売に関するいかなる情報も知らないことを否定しています。また、GT7の発売に関する情報を知ることはできません。そのため、以前に掲載していたソーシャル投稿を削除することにしました。私たちのグラフィックデザイン部門は、インターネット上で流通しているモックロゴを使用しました。

Next Level RacingはInstagramを利用しています:「"Our team has recognized that a recent post by us using a logo has been misinterpreted by media and it does not reflect any information…」




これが事実だろうと事実でなかろうと、ソニーにとって歴史もあるファーストタイトルの存在をひた隠しにするのも下策やと思うんよね。来月のお披露目会で「GT7出します!」と発表しても誰も驚かないレベルの作品やし。