インディー






PS向けインディーゲームにスポットを当てコミュニティ全体をサポートする「PlayStation Indies」発表―『F.I.S.T』など新作を紹介 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト


ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE) インディーズ イニシアティブ代表の吉田修平氏は、PlayStation向けのインディーゲームにスポットライトを当て、コミュニティ全体をサポートしていく「PlayStation Indies」イニシアティブを発表しました。

これはPlayStationを、素晴らしいインディーゲームを開発し、見つけ、プレイするための最高の場所にするのが目標とのことでで、吉田修平氏は次のように語っています。

AAAゲーム開発の資金的要求が高くなったことで、大手ゲームデベロッパーが新しいコンセプトに投資するためのリスクを取ることが難しくなっている今、インディーズコミュニティがビデオゲーム業界の将来にとってますます重要になってきていると考えています。

私たちは、強いビジョンを持ったインディーズデベロッパーの皆さんが、これまでにないアイデアで、全く新しいジャンルのゲームを生み出し、ビデオゲームの芸術と価値を進化させていただけることに期待しています。

PlayStationはこれまでも、『パラッパラッパー』『塊魂』『リトルビッグプラネット』『風ノ旅ビト』など、まったく新しいコンセプトのゲームを生み出してきましたが、次はどんな驚くべき新鮮なアイデアが登場するのか、楽しみです。

加えてPlayStation.Blogでは後ほど、PS4とPS5で発売されるエキサイティングな8本の新作インディーゲームが紹介されるとしており、記事執筆時点では、『F.I.S.T: Forged In Shadow Torch』『Maquette』『Where the Heart Is』『Creaks』『Recompile』の5本が公開されています。


吉田修平さん、SIEの主導がアメリカに移ったタイミングぐらいでポジションダウンしていたけど、そろそろ表にいろいろと出てきそうかな。国内インディーは任天堂に支配されているので、次世代でどうなるか。

ぶっちゃけ、吉田さんがソニー去ったら、SIEから日本企業らしさは皆無になりそう