台風






台風 7月の発生 初めてゼロ「油断せず備えを」気象庁 | 気象 | NHKニュース


7月は台風の発生が1つもありませんでした。気象庁が統計を開始してから初めてのことですが、気象庁は「この状態が続くとはかぎらず、油断することなく備えを進めてほしい」と呼びかけています。

気象庁によりますと、7月は台風が1つも発生しませんでした。

これは統計を取り始めた昭和26年以降で初めてのことです。

また、ことしは1月から7月までの発生数が2つで、年間の発生数も平成10年に次いで2番目に少ないペースとなっています。

気象庁は、インド洋で海面水温が平年より高く、積乱雲の活動が活発となった影響で北西太平洋では不活発となり、台風ができにくかったのではないかとしています。

しかし、今回のように7月までの台風の発生が4つと少なかった2016年には、その後、22の台風が次々に発生し、8月の台風10号では岩手県岩泉町のグループホームで入所者9人が亡くなるなど大きな被害をもたらしています。

気象庁は「台風が少ない状態が続くとはかぎらない。発生する領域の海面水温は高く、台風が発達しやすい状況だ。油断することなく今のうちに避難場所を確認するなど備えを進めてほしい」と呼びかけています。

反応
いやな予感。。。

そういえば台風のニュースって久しく聞いたことがなかったな。その代わりに梅雨前線が大雨を降らせたのだから、日本は自然災害の多い国だと言うことには変わりはない。

海水温上がってしまうやつだから良くない。サンゴが白化したりするやつ。かなりマズいですね、これ。

もし8月も台風が少なく、気温も低めなら本当に五輪延期が皮肉なことになるな。そして無理矢理開催した来年は台風と猛暑のダブルパンチで最悪なことになったりして・・・