フジテレビ






テラスハウスのやらせ疑惑 責任を全否定したフジテレビの裏にNetflixか - ライブドアニュース


 人の命よりもカネの方が大事ということか? フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演し、視聴者から誹謗中傷を受けた女子プロレスラーの木村花さん(享年22)が亡くなった問題について、フジは「制作スタッフはSNSでの炎上を予見できず、炎上させる意図はなかった」などとする検証報告を同局のホームページで公開した。責任を〝全否定〟した格好だが、フジとしてはどうしても認められない事情があるというが…。

(中略)

出演者が決死の覚悟で証言したにもかかわらず「指示、強要はなかった」と言い張るフジについて、「道義的にはあり得ないけど、フジとしては責任を認めるわけにはいかない理由があるんです」と声を潜めて言うのは制作会社関係者だ。

 その理由とはいったい何なのか?

「フジは『テラスハウス』をネットフリックスに売っている立場。もし制作過程に問題があったと認めれば、契約違反と言われかねない。ヘタしたら、ネットフリックスから返金を求められかねないから、『責任はない』と言うしかない」

 2012年から始まった「テラスハウス」は、15年からネットフリックスで先行配信され、フジの地上波はその後で放送という流れになっている。

「制作はフジと制作会社のイーストが請け負い、ネットフリックスに売る形で配信を行っている。さすがに金額までは分かりませんが、人気シリーズだし相当の金額で売られているのは間違いない」(同)

 そうした状況で、もし制作過程でやらせが原因でSNSが炎上して出演者が亡くなったと分かったら、ネットフリックスは黙っていない。

「米国の企業ですからね。契約書に『もし制作過程に不備があったらどうするか』ということも明記されている可能性が高い。そうなるとフジは違約金を払わなきゃならないから『やらせの強要はなかった』と言い張るしかないんです」(同)

 とは言え、今回の報告はあくまでもフジの内部調査だ。母の響子さんは今回の件について先月31日、放送倫理・番組向上機構(BPO)に人権侵害を申し立てており、「客観的に真実を追求してほしい」と語っている。

 さらにこれから出演者の証言が芸能マスコミで明かされる可能性もある。今後は内部ではなく、第三者による調査が必要なのは間違いない。

反応
まともなテレビ局はないということか 国はちょっとかんがえてほしい

テラスハウス、フジテレビ… 総務省・BPO次第かな ( ・ω・)ネットのせいって押し付けようとしてたけど 大本の📺テレビ側の演出での印象操作も否定? (;`・ω・) てか、Netflix側も何もないん?米国企業なのに?人権だ何だって何か表明ないん?

全てを無視し、無駄にした

そんな大きな金銭が動く仕事なら尚更、はじめからトラブルの無いように丁寧に真摯に仕事に向き合うべきでしょう。

米国巨大企業がいようがいまいが、やらせを認めればそもそもフジテレビの言う事なんて誰も信じなくなる。

フジテレビが違約金を払いたくないからヤラセはなかったと言うのは企業コンプライアンスとしていかがなものか。

アメリカが関わるとろくな事にならんね。