いわて






岩手初の感染者に中傷続く 知事「鬼になる必要ある」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル


3カ月半の間、全国で唯一「感染者ゼロ」だった岩手県。7月29日に陽性が初めて確認され、感染者の勤め先やネット上には中傷や差別発言が相次いでいる。県は、感染者への中傷について厳しく対処する姿勢だ。

 陽性が確認された盛岡市の40代男性について、男性が勤める県内の企業は29日夜、HPで従業員の陽性を発表した。男性は発症後に2日間出勤しているが、内勤のため顧客と接することはなかったという。

 その後、この企業には電話が急増し、31日までに約100件あった。通常の問い合わせなども含むが、中傷も少なくないという。差別的なメールのほか、事業所に直接来て中傷するケースもあった。担当者は「電話を受ける側も悩んでいる」と頭を抱える。

(中略)

達増拓也知事は31日の会見で、感染者へのバッシングが懸念されることについて、「犯罪にあたる場合もある。厳格に臨む意味で、(中傷に対しては)鬼になる必要がある」と強調した。被害者支援のため、特定の個人や企業などをネット上で中傷・差別などしている画面を保存する動きもあると指摘し、県でも「同様の対応を検討している」と述べた。

岩手県 - 新型コロナウイルス感染症の陽性者に関する情報



反応
新型コロナウイルスよりも怖いのは人間か

感染したくてなったわけでもないだろうに

まあ、こうなると思ったけど・

もう令和の時代に何やってんだよと一瞬考えたが
令和の時代だからこそかもしれんな

キャンプ行っちゃったのがなぁ