ふむ






PS5 to Cost More Than XSX While Struggling More with Multiplatform Games in Performance, Says Insider


PS5とXboxシリーズXの発売は比較的近いかもしれませんが(おそらく今から約3ヶ月後に発売されると思われます)、公式な情報がまだかなり不足しており、主に新製品の中で最も重要な要素の一つである価格についてです。

CAPCOM(バイオハザード/ストリートファイター)やサイレントヒルの噂で知られるインサイダーのDusk Golem氏は、ResetEraのスレッドに「Realistically, Microsoft is how expected to compete with Sony next generation? "と題した新しい情報を投稿しました。また、Dusk Golem氏は、ソニーの次世代機はマルチプラットフォームゲームの性能でXbox Series Xよりも苦戦しているとの情報も伝えています。

幾つかの呟きを聞いてきたが、この話題は両プラットフォームの詳細がもう少し明らかになった時に「面白く」年を重ねるのではないかと疑っていると言っておこう。

これはもういくつかの意味で言っているのですが、大まかに言うと、生のパワーだけで言えば、XboxシリーズXはPS5よりも圧倒的にパワフルで、マルチプラットフォームのゲームはそちらの方がより良く動くでしょうし、それは人々が覚悟しなければならないことです。これに加えて、マイクロソフトは、価格に関してはソニーを低価格にする準備ができています。ソニーよりもゲーム機の売り上げよりもゲームパスの売り上げの方が簡単に犠牲を払って利益を取り戻せる。

PS5の方が全体的に開発しやすいし、ソニーには才能あるスタジオがいて、PS5の良さを最大限に引き出してくれるだろう。しかし、クロスプラットフォームのゲームに関しては、最終的にはXboxシリーズXの方がはるかに良いパフォーマンスを発揮することになるだろう。

基本的な話を聞くと、PS5は専用ゲームには非常に優れているが、実際にはマルチプラットフォームのゲームではスペックがおかしくなってしまうということだ。マルチプラットフォームの場合、PS5のSSDシステムを使用することで少しは助けにはなるが、最大限にはならない。もちろん、これは私が話を聞いた中でのほんの一部の人たちの話であり、他にもあるのですが、私が聞いたところでは、PS5とXboxシリーズXが他の分野に注力していることで、今世代ではマルチプラットフォームのゲームが "面白い "ものになっているようで、実際にはマルチプラットフォームのゲームが少なくなり、一方のプラットフォームか他方のプラットフォーム(プラスPC)に来るゲームが増えているようです。

その後の投稿では、彼が言及しているのは主に『バイオハザード ビレッジ』のことであることを明らかにしていますが、PlayStation 5では60フレーム/秒で1080pを実現するのに苦労しているようです。また、Dusk Golem氏は他の開発者の友人からも、これはおそらく他のマルチプラットフォームのゲームでも起こるだろうと聞いています。


そのうちマルチタイトルの格差は目立たなくなるでしょうが、MSがXbox Series Xを絶対に安くしようとしているのはうかがえますね。前世代で「XboxOne」が高額&低性能で大失敗したので、ソニーも同じ目に合わせてやろうという執念を感じる。