ふむ






「性交渉をして一人前」という風潮にモヤモヤ 生きづらさを感じる人々 - ライブドアニュース


「セックスして一人前」
 こういう風潮にモヤモヤした経験、ありませんか?

 セックスということが、何か「大人になるための通過儀礼」であるかのようにされ、逆にその儀式を経験していないことは「未熟であり、モテない」とされてしまう風潮です。

 世の中に出回っている物語や広告でも、男女のカップルが精神的にも肉体的にも結ばれることこそがハッピーエンドとされるものにあふれていて、それ以外の幸せの形がないことにされているように感じます。

 今回は、フィクトセクシュアルというセクシュアリティを自認する主人公が、この世の中の"セックス至上主義"について感じるモヤモヤの体験談をマンガでご紹介します。






※フィクトセクシュアルとは、架空のキャラクターのみに性的魅力を感じるセクシュアリティで、広義のAセクシュアルに含めて捉えられることも多い様です。キャラクターとの関係の結び方も、人それぞれです。

反応
皆はどう思う?
私は処女でもいいと思うけど、出来なかっただけじゃないのかな。
先に知ることは良いことだと思うんだけどな。

性行為経験の有無によってどうのこうの言われること自体、特に若い人にとって害になるので良くないとしばしば思ってます。

セックスして一人前という風潮にモヤモヤするっていう話とフィクトセクシャルとかいうこととを一緒に語られると困るんだわ本当に

30過ぎて未経験者でも立派に社会に貢献している人はたくさんいる。ただ、歳をとって経験すると溺れたり騙されたりする人がいるから、そこは要注意。経験するしないは全く関係ない。

子どもを成人まで育ててようやく一人前の大人という印象。俺ができてるかどうかは別として。