PS5






PS5が分厚いのは、冷却ファンのためだった――分解映像にも登場していた鳳部長が語る


インタビューによると、PS5本体の大きさや分厚さは、大きな冷却ファンによるものだ。45mmの高さを持つファンは両面から吸気し、メイン基板の「A面側」と「B面側」を冷やすことができる。鳳によると、SoCが実装されているのはA面側だが、B面側から発する熱も「PS4のSoC並み」であるため、冷却は必要だった。

鳳はより小さい冷却ファンを2つ利用するとで、PS5本体をより小さくすることも検討されたと語っている。しかし、これではコストが高くなり、回転制御も難しくなる。結果、1つのより大きな冷却ファンを採用することになった。




ターボエンジンのタービンも大きいシングルの方がパワーはでるからね。レスポンス重視ならツインタービンという選択肢もあるけど、ゲーム機の場合は回しっぱなしだし。