ゲームパス






Sony Hasn’t Attempted Something Like Game Pass Probably Because “It Doesn’t Make Economic Sense” – Pachter


マイクロソフトは、サブスクリプションサービスを今後のビジネス戦略の目玉にしようとしているように、Xbox Game Passのバスケットに卵のほとんどを入れていることは明らかだ。もちろん, 成功と彼らはXboxゲームパスのおかげで彼らを集めてきた賞賛と, 質問は数回以上聞かれている彼らの競合他社 - またはソニー, 具体的には - これまでに似たようなことをしようとするかどうか.

業界アナリストのマイケル パクター Wedbush 証券のによると, しかし, それはあまりにも多くのビジネスセンスのソニーのための動きではないかもしれません.

最近GamingBoltとのインタビューで話し, 彼はソニーがゲームパスに対抗するために何か準備ができていると思うかどうかについて尋ねられたとき, または彼らもそれを行う必要があるかどうか, Pachterは、彼らはすでにPlayStation Nowを持っていることを指摘した, しかし、それはXboxのサービスと競合していないので、そのカタログ内の多くの新しいリリースを持っていない.

"Pachter氏は、ソニーがゲームパスのようなサービスを提供することはあるのかとの質問に対して、「PS Nowはあるが、それはただのマーケティングがうまくいっていないだけだ」と答えています。"PS Nowはあるけど、ゲームの数が少ないし、新作をそこに入れていないだけだよ。それが問題なんだよ、彼らの月額プランには新作がないのが問題で、マイクロソフトのは新作があるんだ」。

しかし、Pachter氏は、どちらにしても、ゲームパスのようなサブスクリプションサービスは、マイクロソフトにとって大きな利益にはならないと考えていますが、ソニーにとっては、それほど経済的な意味を持たないと言います。

"問題は、ソニーがマイクロソフトの道を歩むかどうかということだ。とPachter氏は言う。"マイクロソフトがそのモデルで儲けているとは思えないので、ビジネス上の判断としては間違っていると思います。つまり、マイクロソフトは銀行に多くのお金を持っているので、やりたいことを何でもできるのですが、ソニーにはそれだけのお金がありません。だから、ソニーは非常に優秀なビジネスパーソンであり、賢明なビジネス判断をしていると思います。だから、彼らがまだこれをしていないのには何か理由があるはずで、その理由はおそらく、経済的にあまり意味がないからだと思います。


余力でゲーム事業やってるマイクロソフトと、ゲーム事業が業績の柱になってしまっているソニーとの大きな違いやな。