鬼滅






鬼滅の刃:大ヒットのキーワードは「原作」「姿勢」「環境」 アニメはきっかけではない!? - MANTANWEB(まんたんウェブ)


アニメのキーマンの一人であるアニプレックスの高橋祐馬プロデューサーに聞いた。

(中略)

「鬼滅の刃」はアニメ化をきっかけに注目されるようになったのではないか、という臆測もある。しかし、高橋プロデューサーは「アニメ化だけがきっかけとは思っていません」と話す。大ヒットのキーワードとして「原作の力」「アニメ化への姿勢」「環境」を挙げる。

 「多くの方に作品を見ていただけたのには、いろいろな要素が複合的に絡んでいますが、大前提として原作のマンガが魅力的なんです。アニメが知っていただくきっかけになったところもあるかもしれませんが、それでヒットしたとは思っていません。なんと言っても原作が面白いんです。原作の魅力を損なうことなく真摯(しんし)にアニメ化しようとしました。面白い原作という根っこがあり、(アニメを制作する)ufotableさんの素晴らしい労力、真摯な姿勢と技術があったんです」


反応
原作を大切にする、大事なことだと思う。実写化での無闇な改変は良くない。

原作を忠実にアニメ化してくれている事が大きいと思う。

映像の美しさに魅せられて、それから原作を読みました。どちらも素晴らしいと感じました。

ufotableのアニメの作画技術が大きいと思う。特に戦闘シーンはなかなか。Fate でも戦闘シーンは迫力がありますからね。

高橋Pって阿澄佳奈さんの旦那(元旦那?)と噂されていた人か。