FF7 リメイク






First Final Fantasy VII Remake Patch 1.01 Released After More Than Six Months; Packs Bug Fixes


発売から半年以上が経過したファイナルファンタジーVIIリメイクは、最初のアップデートであるパッチ1.01を受け取りました。

最近ではデイワンパッチが当たり前になっており、プレイステーション4では待望のリメイク版にグラフィックのバグが報告されていることから、ファイナルファンタジーVIIリメイクも今年の4月のリリース後にアップデートが行われると予想されていました。しかし、スクウェア・エニックスはこれまでゲームのアップデートを発表していませんでした。

ResetEraフォーラムでは、様々なユーザーがゲームの最初の1.01パッチを受け取ったと報告しています。残念ながら、アップデートは徐々に展開されているようで、誰もがまだパッチを受け取っていないようです。

パッチノートはほとんど存在せず、「様々なバグ修正」としか書かれていません。このパッチでクラウドのアパートのドアのテクスチャ問題が修正されることを期待していた人は、この低解像度のままなのでがっかりすることになるだろう。

ファイナルファンタジーVIIリメイクパッチ1.01リリースノート
様々なバグ修正
ファイナルファンタジーVIIリメイクの最初のパッチについての正確な詳細は現時点ではありません。詳細がわかり次第、随時更新していきます。

『FFVII リメイク』は自動デバッグで、休日、夜間問わず、毎日数百回も通しプレイ中。ゲームのバグを自動で検知するシステムを開発【CEDEC 2020】 - ファミ通.com




自動バグ取りシステムでも話題になったFF7Rですが、プレイに支障や問題が生じるレベルのバグは本当になかったんやな。Part2以降も期待できそうやな。