短い






プロゲーマーはどんな生活を営んでいるのか 選手生命は4~5年 - ライブドアニュース


 1990年代後半に誕生したプロゲーマー。ここ数年でその数は急増したものの、まだまだ歴史の浅い職業だ。「ゲームをやって暮らすって、一体どういうこと?」と思う人は多いだろう。プロゲーマーたちは一体どのような生活を営んでいるのだろうか。

(中略)

。FPSタイトル『コールオブデューティ(Call of Duty)』シリーズにおいて国内外の大会で活躍するプロeスポーツチーム「リバレントヴァーテックス(Libalent Vertex)」でデータ集計・分析活動を担当しているアナリストのJapanese小池氏に話を聞いた。

(中略)

メンバーの平均年齢は21歳から22歳。23歳になったら引退を考え始めるのだという。大会規定で18歳未満は出場できないことを考えると、彼らの選手生命は4~5年程度と短い。厳しい環境の中でも上を目指して邁進する彼らの原動力は何なのだろうか。

「同じ夢を目指す仲間として、楽しい時も苦しい時もメンバー全員で分かち合うことが出来るのが一番の良さであり、やりがいですね」


プロサッカー選手も短いと思ってたけど、比較にならないレベルやな。フィギュアスケーターみたいなもんか、旬の時期は。