バイオハザード ヴィレッジ






Resident Evil Village leak reveals April 2021 launch, demo, story DLC, multiplayer | Gamepur
先週データ流出があったとされる日本の開発会社からの文書によると、本編発売の3週間前にデモがリリースされ、2021年1月に予約注文が開始される予定だという。

また、ファイルには「Dominion」と呼ばれるオンライン要素についても言及されており、「Resistance for Resident Evil 3」と同様に独立したクライアントとしてリリースされる可能性があるとのこと。

また、"Ethan's Trauma Pack "と呼ばれるDLCは、デジタルデラックスエディションに同梱されるか、スタンドアロン版として25ドルの価格で提供されると言われています。以下はDLCの説明で、『バイオハザード7』と『バイオハザードヴィレッジ』のリンクとして提供されるようです。

3年後
平穏な生活に戻った今も、イーサンの悪夢は終わっていない。

ベイカー邸で経験した出来事は、彼の心の奥に消えない傷跡を残すほど異常なものだった。

過去の幻影はどこへ行っても彼の後を追いかけています。
イーサンは忌まわしい過去と決別し
あなたは家族と一緒に新しい未来を構築することができますか...?


コアゲームでは、主人公のイーサンが未知の理由でクリス・レッドフィールドによって同名の村に運ばれ、メディアスレスで覚醒する姿が見られることを付け加えておきましょう。

リークされたデータは、カプコンがその可能性を認めている現行機種のリリースも言及しています。PS4やXbox Oneでの発売の可能性があるとはいえ、次世代機を意識したタイトルであることに変わりはなく、レイトレーシングや高品質なグラフィックを実現している。


本来?ならダスクがこのあたりの情報を出していたんだろうなぁと。PC版モンハンライズとかシークレット中のシークレットだったろうに。