キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー






『KINGDOM HEARTS Melody of Memory』&サントラ発売記念! 野村哲也氏に聞くシリーズ秘話や楽曲の魅力 - 電撃オンライン

――PS2から始まった“KH”シリーズですが、PS3やPS Vitaでは新作が出る機会はありませんでした(※PS3で『KH1.5』や『KH2.5』などのHD版は発売)。これらのハードで新作を作るという動きはなかったのでしょうか?

野村:PS3のときはぼんやりと構想はあったものの、自分が『FFヴェルサスXIII』に関わっていた時期でもあったので、新作の動きはありませんでした。PS Vitaは携帯ゲーム機にしてはスペックが高かったので、こちらで出すなら据え置き機で制作したほうがいいんじゃないかという話になったことなどもあり、結果企画があがりませんでしたね。

――今年PS5やXbox Series Xが登場したことで、これら次世代機で“KH”が作られたらどんなゲームになるのか気になるところですが?

野村:すでに各メーカーさんから名だたるタイトルが発表されています。仮に次世代機で“KH”を作るとしたら後発になるでしょうから、そうした作品に負けないくらい驚きのあるものにしなければならないとは思っています。もちろん、まだPS5やXbox Series Xで新作を作ると発表しているわけではないので、あくまでも仮の話になってしまいますけどね(笑)。

(中略)

――最後にゲームとサントラを楽しみにしている方々にメッセージをお願いします。

野村:このようなご時世ですが、そんななかでも関係者の尽力によって『KH MoM』とサウンドトラックを無事に発売できました。どちらも長く楽しめるコンテンツになっているので、“KH”シリーズの曲に思う存分浸ってください。『KH MoM』でシリーズの新作の動きは少し休憩といった流れになるかと思いますが、2022年には20周年を迎えます。何かしらよい知らせを届けられるように動いてはいるので、今後も目を離さずに見守ってもらえればと思います


大忙しのノムティス。FF7Rの続編の動きも気になるところだが。