ゲーム






ゲーム障害抜け出せず苦悩 生活破綻、治療10年以上も:中日新聞Web

二〇一八年に神奈川県の久里浜医療センターでゲーム障害と診断された男性(29)は、
生活保護を受給しながら通院している。男性にとってゲームは「自分という存在を認めてくれる場」。

高校一年から夢中になったのは、ファンタジーの世界で仲間をつくり、他のグループと戦いながら旅を楽しむオンラインゲーム。

五日間眠らず続け、三百万人中二位にランクインすると、仲間から称賛された。やればやるほど評価される。勉強よりゲームにやりがいを感じた。

 卒業後、塗装工や清掃など職を転々としたが、ゲームに没頭すると遅刻しがちに。親族から機器を取り上げられると怒りを制御できず、職場でもトラブルを起こした。

反応
もっと金になるゲームやれよ。MMOで世界2位って何の2位だよ賞金も出ないだろ。リアルマナートレードして引退してシャドバにでもジョブチェンジすればOK

これ、イベランゲーしてる未来のお前らな

オンラインゲーは終わりがないからな。
eスポーツもまた然り。
超上手いヤツはそれで飯食っていけるだろうが、9割方はゲーム障害扱いされるのがオチ。

久里浜医療センターって香川県とタッグでゲーム規制を進めたところやし、ここ発の情報はアテにできんけどな。