コロナ






経済面だけでなく「髪」にも影響が?相談者急増「コロナハゲ」の恐怖 - ライブドアニュース

 今年8月、新型コロナから回復したハリウッド女優アリッサ・ミラノが自身のSNSで髪の毛をとかすと大量に毛が抜ける“後遺症”があると告白する投稿を行った。

 10月には国立国際医療研究センターが回復者を追跡調査したところ、脱毛などの後遺症が出るケースがあることも明らかに……。コロナとハゲに因果関係はあるのか? 実際に薄毛治療の専門クリニック「Dクリニック東京メンズ」でも、今年5月以降の相談件数が大幅に増加しているという。

「8月は4月比で331%、9月は394%。例年の2~3倍は相談者が増えています。しかし、そのほとんどが新型コロナ感染経験者ではなく“陰性者”なのです」

 そう語るのは、同クリニックでAGA外来を担当する小山太郎医師。陰性者でもなぜハゲるのか?

(中略)

なぜコロナ陰性者でも、毛が抜ける人が続出したのか。前出の小山医師はこう説明する。

「まず考えられるのが、コロナ禍のストレスです。将来への不安や、外出自粛で自由に遊びにいけない現状。ストレスにより自律神経が乱れ、頭皮の血行不良を引き起こしたり、発毛に関わる種々のホルモンのバランスに悪影響が生じて、抜け毛の増加や、脱毛症の進行の一因になっている可能性もあります」

 まさに前出の筧さんがその例で、ストレス緩和や治療で戻ることもあるという。一方、2人目に紹介した山本さんは薄毛治療中だったのに、なぜハゲたのか?

「治療薬の効果が落ちたわけではなく、先ほどのストレスに加えて、食事、睡眠、運動、喫煙といった生活習慣全般におけるコロナ禍での変化が脱毛症の進行に影響した可能性を考えます。AGA治療もコロナ前のケアだけでは十分に対応できない人も出てきているので、我々も“新しい生活様式”に対応する治療、アドバイスを提案していきます」(小山医師)

これは男性だけの症状ではなく、女性からも相談が増えているという。健康と思っていても、頭髪は“変調”のサインを送っているのだ。手遅れになる前に、新しいヘアケアを心がけていきたい。

反応
これは恐怖しかない

俺も薄くなったけど
まあ、最後は丸坊主でいいと開き直ってる

いや、それもうコロナハゲじゃなくね?

直接的ではなくてもコロナが影響していると言えるかもね・・・