エーックス






Xbox chief: the best argument against the Xbox Series S was Sony - The Verge

The Vergeとのインタビューの中で, マイクロソフトのゲーム部門の責任者であるフィル・スペンサー氏は、エントリーレベルのXboxシリーズSのアイデアについて、"社内で何度も質問された "と述べています。予約とスペンサーは "ソニーが何をするかのトンの尊敬" を持っているにもかかわらず, マイクロソフトは、ソニーはハイエンドのハードウェアのみを追求していたという知識を持つすべての次世代ゲームに、より手頃な価格のエントリーポイントとして299ドルシリーズSを作成するために粘った.

"どうすればより多くの人をローンチの陶酔感や誇大広告などのイベントに参加させることができるのか、そしてできるだけ多くの人がアクセスできるようにするにはどうすればいいのか、ということでした」とSpencer氏は説明しています。"どうすればより多くの人をゲームファンネルに引き込むことができるかを考え、より多くの人にこの大好きなアートフォームを体験してもらいたいと思っています」とSpencer氏は語ります。"1台のゲーム機でやることへの反発は常にありましたが、私たちは成長したいし、新しい顧客を見つけたいと思っています」とスペンサー氏は語ります。

XboxシリーズSは、次世代ゲーム機をやや複雑にしている。ソニーのアプローチは、同じハードウェアスペックのPS5とディスクドライブを搭載しないPS5の2つのモデルを作ることでした。"次世代機を2つ作ることに反対していたのは、ソニーだったと思います。"私たちは、彼らがそれをするとは思っていませんでした。

(中略)

今のところは、シリーズSよりもXboxシリーズXの方が来年1年間に発売されるデバイスが多く見られるでしょう。XboxシリーズSはエントリーポイントとして位置づけられていますが、スペンサー氏は、マイクロソフトが現在も需要に追いつくためにシリーズSよりも多くのXboxシリーズXコンソールを製造していることを明らかにしています。"最初の休日、そしておそらく2回目の休日には、よりハイエンドなSKUであるシリーズXが売れるだろうと考えました」とSpencer氏は述べています。"シリーズSよりもシリーズXの方が売れました。春と夏に入ると、おそらくその傾向は少し緩やかになると思います。長い目で見ると、ほとんどの場合、価格が勝ります。


まぁMSは安価なゲームパス端末を一台でも多く普及させて「次世代での勝利」を喧伝するってのがプランだろうからなぁ。次世代ゲーミングにフォーカスしたソニーとは土俵が違うし、違う土俵で「アメリカの完全勝利」をアピールしようってのはトランプのような輩が大統領になれてしまうアメリカらしい