怖い






「鬼滅の刃」最終巻の初版は395万部!物語の結末に14Pの描き下ろし&おまけ25P - コミックナタリー

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」のシリーズ累計発行部数が、12月4日発売の最終23巻をもって電子版含め1億2000万部を突破する。

2月発売の19巻時点で4000万部突破、5月発売の20巻時点で6000万部突破、7月発売の21巻時点で8000万部突破、10月発売の単行本22巻時点で1億部突破と部数を伸ばしてきた「鬼滅の刃」。23巻は通常版のほかフィギュア付きの同梱版も用意されており、同巻の初版は395万部となる。

なお23巻には吾峠が物語の結末に14ページを描き足しているほか、描き下ろしのおまけページ25ページも収録される。このほか平野稜二による「煉獄杏寿郎 外伝」「冨岡義勇 外伝」と、平野が少年ジャンプ+で連載していたスピンオフ「きめつのあいま!」をまとめた単行本「鬼滅の刃 外伝」も同日発売。「鬼滅の刃 外伝」の初版発行部数は、週刊少年ジャンプ(集英社)のスピンオフ作品史上初となる初版100万部を記録する。















まぁ鬼滅は終わったけど、ワンピはこれからあと4~5年ぐらいはジャンプの看板を背負ってもらわないといかんし、自尊心の塊みたいな尾田君に配慮しないとな。