鬼滅の刃


















現在の作者がどこでどのような生活を送っているかはしらんけど、ネット絶ってなければ大量発生した鬼滅絡みの嘘松あたりは把握しているだろうしな。