ほう






Some PS5 Consoles Were Made With Louder Fans Than Others

フランスの報道機関が、「プレイステーション 5」の一部のゲーム機には異なるモデルのファンが搭載されており、一方のファンは他方のファンよりも大きな音で鳴っていることを発見しました。

ソニーのPS5が発売されてから数週間が経ちましたが、このゲーム機に対する反応は概ね良好なものとなっています。プレイステーションの公式Twitterアカウントでは、PS5がソニーにとって過去最大のコンソールローンチであることを確認するなど、コンソールに対する需要は非常に高いものとなっています。

しかし、PS5の発売には、散発的な問題や論争がありました。先日のフランスのニュースソースの報道のおかげで、ソニーがPS5で2つの異なるファンモデルを使用しており、一方のファンモデルは他方のファンモデルよりも大きな音を出していることが明らかになった。

PS5の発売は、一部のユーザーにとって、これまでにないほどスムーズなものではありませんでした。多くのゲーム機所有者がソーシャルメディアに投稿し、自分のゲーム機で起きた問題を記録しています。一部の不運なプレイヤーのために、PS5のコンソールが真っ暗になっているケースもあります。もちろん、これらのケースの多くは、Sonyの最新ゲーム機で問題をほとんど経験していないゲーム機所有者の中で、単に異常なケースです。しかし、これらの問題のいくつかは、特にファンの騒音に関連して、ソニーの製造に起因する可能性があるようです。

先日、フランスのニュースサイト「Les Numeriques」によると、同サイトが所有する2台のPS5のファン音が全く異なるものであったとのことです。2台のPS5本体を分解してみると、それぞれのPS5本体には全く異なるファンが搭載されていることがわかりました。残念ながら、ファンの機種が異なるため、どちらか一方の機種の方が、もう一方の機種よりも大きなハミング音が発生していました。つまり、特定のPS5が内部に搭載しているファンのモデルによっては、ファンが動作している間はコンソールの音が大きくなる可能性があるということです。

しかし、Les Numeriquesは、単に2つの異なるユニットをテストするだけでは満足していませんでした。このアウトレットでは、レビュー用の1台とスタッフが購入した4台の計5台のユニットを使用しました。5つの異なるユニットのうち、3つはより大きなファンモデルを搭載し、2つだけはより静かなファンを搭載していました。さらに、これはまだ未確認ですが、ネット上では、ソニーのPS5の公式ティアダウンビデオに登場した第3のファンモデルが、メディアのインフルエンサーやVIP顧客に送られたレビューユニットに搭載されているという噂が流れています。これらの噂によると、その3つ目のモデルは、3つのファンの中で最も静かなモデルだという。


最も静かなモデルはメディア用とかなんかな。生産が安定したら静かなモデルに統一されたらいいけど、大抵は安い方(うるさい方?)に統一されちゃうんだろうな。