PS5






New PS5 Patent Suggests Sony Is Experimenting With Tips Feature, Letting Players Leave Notes Within Games - PlayStation Universe

新しいPS5のパテントは、ソニーがゲーム内にメモを残すことができるチップス機能を実験していることを示唆しています。

新たに発見されたPS5の特許は、ソニーがPS5にメッセージとヒント機能を実装する可能性を示唆しており、プレイヤーはゲーム内でプレイヤーにガイドやウォークスルーを残し、目的を達成したり、秘密を見つけたりするのを手助けすることができます。

ScrubWikiが発見したこの特許は、もともと2020年に出願されたもので、今月公開されました。この特許には、『Killzone』の画像にメッセージがオーバーレイされ、プレイヤーにヒントやヘルプを提供している様子が描かれている。これらのヒントのうちの1つは「ドアを通って角を曲がってください」、もう1つは「角を曲がったところでこの男に気をつけてください」と表示されており、敵がどこにいるのかを示す矢印が描かれている。



この機能は、シングルプレイヤーゲームとマルチプレイヤーゲームの両方で利用可能なようで、特許には次のように記載されています。

"ゲーム内タグの生成、関連付け、表示が開示されています。このようなタグは、シングルプレイヤーゲームとマルチプレイヤーゲームの両方にコミュニティ参加のさらなる次元を導入します。そのようなタグを介して、プレーヤは、フィルタリングされたテキストメッセージ、画像、およびオーディオクリップを介してコミュニケーションする権限を与えられ、トップレートされたプレーヤを含む他のゲームプレーヤが生成し、特定の座標および/またはゲーム空間内の特定のイベントの文脈で配置したものである。現在説明されているゲーム内タグおよび関連するユーザ生成コンテンツは、ゲームプレイに関するラベルベースの検索をさらに可能にする。"

このシステムは、ヒントにランクを割り当て、より高いランクのヒントを選択して人のゲーム内に表示することによって組織化されるであろう。この特許では、このアドバイスが視覚的、テキスト的、音声的であることにも言及しており、これらのヒントをゲームによって異なる方法で表示できることを示唆しています。

特許を取得したからといって、必ずしも機能やシステムが実装されるとは限らないということは注目に値するが、これは興味深いアイデアだ。とはいえ、人によっては煩わしいと感じるかもしれないので、もしPS5に実装された場合にはオフにすることができるかもしれません。


面白い機能だけど、どうせソフトメーカーが対応しないと機能しないだろうし、結局はソニーファーストだけって事になりそう。PS5で動かしたら無条件でメモを残せるとかでも、無効にしてくるソフトメーカーもありそう。