PS5






PS5「2000台」を転売業者グループが買い占める。「どんどん買い占めが楽になる」との発言に消費者の怒り爆発 | AUTOMATON

英国に拠点をおく転売業者グループCarnageは1月19日、大手ゲームストアGAMEに再入荷されたPlayStation 5を2000台確保したと伝えた。海外メディアのThe Gamerなどが報道している。CarnageはTwitterの同投稿にて、「(買い占めることが)どんどん楽になっている」と発言。このツイートがきっかけとなって批判が殺到し、現在はアカウントが非公開となっている。



昨年から続くPlayStation 5品薄の状況は一向に改善のめどが立っておらず、その一因として転売業者の存在が指摘されている。データエンジニアのMichael Driscoll氏によれば12月1日の時点で、転売されたPS5デジタルエディションの数は7322台、通常版は2万5642台。転売業者/eBayにとっての利益は1900万ドル(約1億9700万円)にのぼるとされている(DEV Community)。

厄介な業者といえるひとつは、限定スニーカーなど他業種で転売のノウハウを積み、PS5転売に参入した個人業者のベテラン。昨年12月には、若干22歳にして400万円以上の利益を獲得した手練れの転売業者が話題となった(関連記事)。一方、より深刻とされるのがCarnageのように組織的に転売をおこなっているケースである。 Carnageは2020年9月より活動を開始した転売業者グループだ。当初は主にフットウェアやディズニー関連の限定商品を買い占め、利益を得ていた。11月にPS5やXbox Series Xが予約を開始すると、次世代コンソールの買い占めに注力するようになったようだ。

組織的転売業者のもっとも手強い点は、専門エンジニアがついていることだ。現在急速に需要が高まっているデベロッパーの手で、さまざまな転売用botが開発されている。在庫入荷の自動検出はもちろん、待機時間を回避する、順番待ちをジャンプするといった多くの機能が生み出されているという。CarnageについてもこうしたBotを使っている可能性が濃厚とされ、GAMEのbot対策不足を批判する向きもある。その後GAMEは海外メディアVGCの取材に対し、今後の入荷時は予約者が正規の消費者であることを確認していくとコメントを寄せた。



「買い占めが楽になった」というのは、PS5欲しかった人が他のハードやPCに流れたか、適正価格で普通に買えるまでPS4でいいやって諦めてるだけなんよな。この状況でソニーがPS5の成功をアピールしても白けるだけ。