宗教






【共同通信】コロナ禍で宗教に回帰する米国人 家族の絆も強まる 日本はどちらの傾向も乏しい [みの★]

 新型コロナウイルスの感染者が2700万人を超えた米国。人々の日常はあらゆる面で変化を余儀なくされた。通勤が制限され、長距離の移動は減少した。在宅勤務が一般化し、航空株は暴落、一方でGAFAと呼ばれる巨大IT企業はかつてない繁栄を享受している。こうした中、米国人の心に小さな変化が起こった。宗教、とくにキリスト教への回帰だ。(共同通信特約、ジャーナリスト=岩下慶一)

■信仰心の高まり

 ワシントンDCに拠点を置くシンクタンク「ピュー研究所」が昨年夏に実施したアンケートによれば、米国人の28%が「コロナ後に宗教心が強くなった」と回答している。このアンケートは世界14カ国で実施されたが、米国は2位のスペイン16%を大きく引き離して第1位となった。

 過去20年、米国人の信仰心は右肩下がりで落ち込んできた。世論調査会社ギャラップによれば、特定の信仰を持たないと答えた米国人は、2008年に14・6%だったのが17年には21・3%となった。米国人の5人に1人が無宗教ということになる。キリスト教以外の宗教では顕著な減少は見られないため、主にクリスチャンの減少が進んでいると考えられる。

 今回調査を行ったピュー研究所も、19年10月に「米国におけるキリスト教離れ」についてのリポートを発表し、07年に78%だったキリスト教徒が18、19年の調査で65%に下落したことを指摘したばかりだ。

 コロナ禍は、ほんの一年足らずでこの傾向に歯止めをかけた。今回のアンケートでコロナによって宗教心が高まったと答えた米国人は28%、特に変化なしが68%、逆に弱まったという答えは4%となっている。また、35%の米国人が「コロナは神から与えられた試練」だと考えているという。いかにもキリスト教的な解釈だが、前代未聞の災難を前に、普段無宗教を自認している人々も信仰心をよみがえらせたようだ。日本も今回の調査の対象国に含まれているが、宗教心が高まったという質問にイエスと答えたのはわずか5%、変化なしが92%、弱まったが1%となっており、無宗教国家という印象をさらに強めた。

…続きはソースで。
https://this.kiji.is/730687808815562752?c=39546741839462401


反応
そうかがっかいがアップを始めました

宗教に入信しても金を取られるだけで何も助けちゃあくれないのにね

コロナだからって宗教にハマるとか土人じゃあるまいし
バカジャネーノ
信仰心さえあればコロナなど恐るるに足らずってイタリアの司教どもが次々とやられてったの思い出せよw

プペル教があるじゃん弁当も売り出すみたいだし正にって感じだろ

宗教にハマるとか一番マヌケな選択

日本は宗教に回帰出来ない。
金を毟り取る事しか考えてない日本の宗教界だもの。

日本はオウム真理教や幸福の科学や創価学会の印象で宗教に根強い不信感あるからなぁ。キンコン西野とかオンラインサロンとかにハマる若者とかは新興宗教と同じようなもんだろうけど。