Zombie Army 4 PS5 Upgrade Offers 4K at 60Hz and Fast Loading

Rebellionは、PlayStation Plusのフリーゲーム「Zombie Army 4: Dead War」に、PlayStation 5とXbox Series X/Sのアップグレードを施したことを発表しました。

PS5では、60Hzの4Kに対応し、ローディング時間が短縮されています。なお、DRSを有効にすると、スムーズなフレームレートを確保するために画像の解像度が下がることがあるとのことです。Xbox Series Xには、120Hzのパフォーマンスモードが搭載されています。この機能がなぜPS5版にはないのかは不明で、Rebellion社はコメントを出していません。


上記に加えて、『ゾンビアーミー4』には以下のような修正や改善が含まれています。

- バランスの変更がミッションに適用されました、Death Canal
- Windows 10ストアでSteamとEpicを使ったクロスプラットフォームのマルチプレイヤーが追加されました
- すべてのプラットフォームで新しい音楽、戦闘曲、一般的なゲームプレイ曲を追加
- Damnation Valley」に修正を加え、「The Fan Service Challenge」で発生した問題や、キャラクターが「Scaffold Area」で動けなくなる問題に対応
- Deeper than Hell」のチャプター4において、「Stop Schweiger Completing The Occult Engine」の目標が、エリア内にいるすべてのゾンビを倒した後に更新されるようになりました。
- Alpine Blitz」のチャプター4で、プレイヤーが馬車の中で動けなくなることがなくなりました。
- Xboxで、Deeper than Hellのカットシーンの音声問題が修正されました。

- 一般的なバグ修正と改善

Zombie Army 4: Dead War




PS5で120フレーム対応するためにはPS4版のままでは難しい仕様だとかどこかで目にした記憶。ソニーは過渡的なものだと軽く見てるだろうけど