いいね






リアルなグラフィックスが気になるサバイバルホラー「Abandoned」が,PS5専用で2021年第4四半期にリリースへ

Sony Interactive Entertainmentは,オランダを拠点にするBlue Box Game Studiosが開発を行うサバイバルホラー「Abandoned」のティザー映像を公開するとともに,PlayStation 5専用で2021年第4四半期にリリースすることを,PlayStation.Blog(英語)の最新エントリーにてアナウンスした。



 銃器を扱うことからシューティングゲームの要素に期待できるが,開発チームは「Abandoned」を“シネマティックサバイバル”(映像的サバイバルゲーム)と表現しており,リアルな描写にはこだわっているようだ。PlayStation 5の性能を活かして,60fpsで4K解像度をサポートするとともに,3Dオーディオにも対応するとのことなので,部屋を真っ暗にしてヘッドフォンでゲームを満喫したいところだ。

ゲームシステムにおいても,「キャラクターが走ったあとは,息が荒くなってカメラが揺れる」といった表現がなされているとのこと。今回リリースされたトレイラーでも分かるように,「Abandoned」は近日中にもさらなる詳細が明らかにされていくとのことなので,続報を楽しみにしておこう。

PS5独占のホラー『Abandoned』はコジマプロダクションのゲームではない 海外で噂が広がり、開発元の公式サイトでも否定される

PS5独占のホラーゲーム『Abandoned』が海外向けに発表された。本作を開発するBlue Box Game Studiosはオランダを拠点とするチームだ(海外PlayStation.Blogより)。しかしながらゲーム内容について公開された情報が少ないこと、スタジオの詳細がよくわからないことから、本作がコジマプロダクション(または小島秀夫監督)が制作したゲームなのではないかという噂が海外で広がっていたようだ。噂が拡大してしまったことから、Blue Box Game Studiosの公式サイトでは噂を否定する文章が公開された。

開発元は噂に関してのメールをいくつか受け取ったらしい。実際のところスタジオは小島秀夫とは関係がなく、少人数の開発者グループなのだそうだ。開発元はこれまでにほかのスタジオのプロジェクトを支援してきたが、今回は彼らの最初のビッグプロジェクトとなる。また、『Abandoned』のゲームプレイ映像については後日公開される模様。


やはろコジプロ新作はXbox独占ですかね