トライエース新作RPGプロジェクト始動 4/1


※公開日が4/1ですので、エイプリルフールネタならば削除いたします。

「スターオーシャン」「ヴァルキリープロファイル」で有名なトライエースのサイトに「tri-Ace 新作RPGプロジェクト」と書かれたカウントダウンサイトがオープンされています。カウントダウン終了は来週4月10日(金)の夕方5時あたりになりますので、水曜日には詳細が判るでしょうね(笑)

Ta_2

さて、トライエースといえば最新作のプラットフォーム未公開戦略で数多くの国内RPGファンから批判され、それが売り上げにも反映した結果になりました。2009年2月に発売された「スターオーシャン4」は日本+北米でも32万本程度の本数で、PS3「白騎士物語」の日本国内本数33万本とほぼ同数のありさまです。これはスクエニというRPGのトップブランドがリリースする人気シリーズ最新作と考えると「爆死」と評されても仕方がない数字です。

その反省からでしょうか?今回はカウントダウンサイトの時点でPS3と他機種のロゴが掲載されています。「Unreal Engine 3」を採用しない限りはマルチで発売される事になるでしょう。せめて使うなら「CryENGINE 3」にして欲しいところ。

順番から考えると「ヴァルキリープロファイル 3」なのかな?と思いますが、カウントダウンサイトの背景ってSO4に似たようなイメージショットが有ったような・・・。他機種ゲームの情報を調べ直すほど暇じゃありませんので確認まではしていませんが、「新作RPG」といいながら「SO4完全版」とかの可能性もあったりして。まぁそれでも良いですけどね。

最後にもう一度だけ「Unreal Engine 3」だけはやめて下さい・・・。

公式カウントダウンサイト
NEWRPG

       
 

「PlayStation2」の値下げが発表(北米・欧州) 4/1


SCEA/SCEEより「PlayStation2」が4月1日から値下げされる事が正式に発表されました。ただし北米・欧州についてのアナウンスに留まり、日本における価格改訂については「予定がない」との事です。

残念ながら、予告されていたSCEからの発表は「PS2値下げ」で結論が出ました。

敢えて「残念」と書いたのは、PS3関連の発表が無かった事だけが理由ではありません。PS3にとって、偉大な先代PS2が今後も邪魔な存在になり続ける事がどうにも「残念」なのです。当サイトでPS2について書くことは少ないのですが、私も大好きで思い入れのあるハードですしね。

ご存じのとおりPS3は初期型を除いてPS2互換機能は削除されています。SCEのワールドワイド戦略に基づくものとは言え、発売からたった1年での互換機能削除はあまりにも時期尚早でした。

PS3普及のシナリオには「PS2からの乗り換え」需要がロンチ段階では相当数見込まれていたはずで、海外と違ってHDゲームの下地がない日本市場では「さぁこれから」のタイミングだっただけにPS2互換機能が削除された時のダメージは相当なものだったはずです。

確かに値下げして数ヶ月は本体販売も加速しましたが、年末商戦が終了したあたりから元のペースに戻ってしまいました。これはPS3が本来担うべきだった「SDゲームとHDゲームの架け橋」としての役割が果たせなくなった事も少なからず影響していると思われます。
さて、残された可能性「ソフトウェアPS2互換機能」についてはどうでしょうか?

当サイトでも相当な期間PS2互換についての噂を定期的に取り上げていますが、現時点では噂以上の情報は出ていません。しかし、実際に研究開発しているのであれば「ベータ版」という形で配布してしまう手法もあります。「アドホックパーティ」も「Playstation Home」も記事を書いている時点ではベータ版だったりしますしね。

プレスリリース
「プレイステーション 2」北米・欧州価格改定 4月1日から$99/€99

関連記事
PS2が北米・欧州で値下げ - 99ドル/99ユーロに - Phile-web
プレイステーション 2の価格改定――北米は99ドル、欧州は99ユーロに - ITmedia +D Games

       
 

プレイステーション3が累計300万台を突破 4/1


PS3の国内累計販売台数が300万本を突破したとニュースが流れています(エンターブレイン調べ)。元記事は何故か他機種のついで扱いだったりするので敢えてリンクは張っていません。何とぞご了承下さい。

集計元によって若干数字が異なりますが、ようやくの300万台と言ったところでしょうか?

久々のVGで調べてみたところ、2008年の1年間で約100万台のPS3が売れています。どうやらPS3本体の値下げは2009年秋まで待たされる事になりそうですが、少しずつ和ゲーのラインナップも充実しつつありますし、FF13発売までに400万台超までインストールベースを伸ばす事が出来れば及第点ですかね。

とりあえず個人的な希望としては2010年の「劇場版 機動戦士ガンダム00」公開までの間に発売されるであろうガンダム00関連ゲームをPS3で出して欲しいと切に願います。バンビのBD戦略とPS3は切っても切れない関係ですから、可能性はゼロでは無い・・・はず。

       
 

「大航海時代 Online ~Cruz del Sur~」PS3特設サイト更新 3/31


「大航海時代 Online ~Cruz del Sur~」のPS3版特設サイトが更新されました。新規スクリーンショットと「PLAYSTATION3版の始めかた」というサイトが追加されています。

スクリーンショットにはゲーム紹介コメントが掲載されています。

・海を荒らす海賊どもを討伐し、平穏をもたらすこともできれば、逆に自らが海賊となって暴れ回ることもできます。

・航海者だからと言って、戦いが海の上だけとは限りません。探検中、陸地で白兵戦が起こることだってあります。

Daikoukai
頭上にあるリング状のものが“メインメニュー”です。使用頻度の高い主要なコマンドが配置されています。

Daikoukai2
頭上のメニューは“サポートメニュー”に切り替えることもできます。

Daikoukai3
画面右上にあるのが“カスタムスロット”です。登録設定と履歴からスキルやアイテムを簡単に使用できます。

勿論、PS3版「大航海時代Online」の基本操作はコントローラになります。FF11のように最初はコンシューマ専用だったMMORPGと違い、「大航海時代 Online」PS3版ではキーボード+マウスの操作からゲームコントローラの操作体系にどこまで違和感無く落とし込んできたのかに注目したいところです。PC用アカウントをそのままPS3版で適用することも可能ですし、PS3版のグラフィックや操作性が好評になれば既存プレイヤーのPS3版への切り替えなんて事もあり得るかも知れません。

また、「PLAYSTATION3版の始めかた」には「プレイに必要なもの」「ゲームを始める方法」「PLAYSTATION3版FAQ」が掲載されています。既存プレイヤーもPS3からの新規プレイヤーの方も一度は読んでおくことをオススメします。

そういえばFAQには掲載されていませんが、PS3版はHDDへの完全インストールは可能なんでしょうか?HDDからの起動が可能ならば、色々なゲームを合間に遊びながら末永く「大航海時代Online」を楽しむことが出来そうです。起動時のメディアチェックも出来れば回避したいところですねぇ。

あと、私個人の悩みどころとしては、3台有るPS3のどれにインストールするか・・・今から迷っています。

公式サイト
大航海時代 Online


大航海時代Online ~Cruz del Sur~ 大航海時代Online ~Cruz del Sur~


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「イースセブン」「イースI&IIクロニクルズ」詳細情報が公開


先週、「イースセブン」及び「イースI&IIクロニクルズ」のイメージ&スクリーンショットが数枚だけ開示されていましたが、ようやく詳細な情報が各サイトに公開されました。

「イースセブン」
・今まで設定のみだった「アルタゴの五大竜」の物語
・シリーズ初のパーティープレイ。複数のキャラから3人を選択
・操作キャラ以外はAI自動戦闘
・武器にはスキルが設定されており、装備変更により発動できる
・各キャラクターはそれぞれ強力な「EXスキル」を有する
・シリーズ最大規模のボリュームに

Ys7a

シンプルなアクションRPGだった「イースI/II」からシリーズを重ね、ついにパーティプレイが搭載されることになりました。現時点では明らかではありませんが、アドルをパーティから外すことは可能なんでしょうかね?考えてみれば、同じキャラクタが主人公のRPGで7作目まで作られた作品を私は他に知りません(オリジン除く)。少なくとも最も著名なタイトルであることは間違い無いでしょう。

もしアドル君を外すことが可能ならば・・・「お前イベントシーンで登場するだけやんけ」プレイに挑戦してみようと思ってたり思わなかったり(笑)

「イースI&IIクロニクルズ」
・ベースはWindows版「イースI・II完全版」
・4段階の難易度が選択可能
・PSP版、Windows版のグラフィックを選択可能。
・BGMはPSP用に全アレンジ。PC-8801版、Windouws版も切り替え可能
・ボスラッシュモードを搭載。

Ysc

リンク先にはWindows版とPSP版のキャラデザインの違いが掲載されています。PSP版は全体的に若返ったかな、と思いつつも許容範囲。グラフィックやBGMを好みによって選択できるのは嬉しいですね。


余談ですが、「イースセブン」「イースI&IIクロニクルズ」が発表されたとき、ミス・リリアのCDを購入していた過去を思い出しました。引っ越し後の片付けきっていないCD/DVD収納箱を探したものの残念ながら見つからず・・・既に手放していたようです。

関連記事
『イースセブン』と『イースI&IIクロニクルズ』がPSPで登場 - ファミ通.com
4Gamer.net ― 「Ys I&II Chronicles」基本情報とスクリーンショットやイメージイラストを多数公開(Ys I&II Chronicles)
4Gamer.net ― 「Ys SEVEN」の舞台設定やイメージイラスト,スクリーンショットといった最新情報が公開(Ys SEVEN)
今度の「イース」は3人パーティーで楽しむ――「イース7」がPSPに登場 - ITmedia +D Games
日本ファルコム、PSP「YsI&II Chronicles」世界設定&最新スクリーンショット公開 『イース』の原点がここに――『I&II クロニクルズ』での追加要素とは?
シリーズ初のパーティプレイ搭載! 最新作『イース7』は仲間と一緒に戦える!!


Ys I & II Chronicles(2009年7月発売予定) Ys I & II Chronicles(2009年7月発売予定)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Ys SEVEN(2009年9月発売予定) Ys SEVEN(2009年9月発売予定)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

SCEが3月31日に何かを発表(ただし海外の話)


SCEは幾つかのゲームサイトやメディアに向け、3月31日(火)に何らかの発表を行う旨の告知を行っているとの事です。

内容については全くの不明ですが、以前から話題になっている「PS3値下げ」が真っ先に頭に浮かぶのは私だけではないでしょう。KotakuではPS2本体の値下げではないか?との予測していますが、日本以上にPS2市場が縮小している北米で予告発表する程の内容でも無いような・・・。

予想を書くのは自由ですので、私は「PS3本体値下げ(50ドル)+PS2ソフトウェア互換機能」を期待込みで予測(妄想)します。そして秋頃の新型で更に50ドルの値下げを敢行すれば2段階の需要喚起が見込めるかも。

しかし、過去の例からもSCEA/SCEEが事前にハードルを上げてしまった場合は「あれ?これで終わり?」といった内容で終了する事が少なくないのも事実だったりします。

まぁわざわざGDC終了後のタイミングに行う発表ですし、それなりの内容であって欲しいですよねぇ。私は丁度4月1日が休日ですので、発表を楽しみにしておきます。

関連記事
Sony promises PlayStation announcement on March 31 -- PlayStation Universe (PSU)
Sony: What Is Sony Announcing On Tuesday?

       
 

「Ratchet & Clank Future: A Crack in Time」


「Ratchet & Clank Future」の最新作、「Ratchet & Clank Future: A Crack in Time」が2009年秋に発売されることがPLAYSTATION.BLOG上にて発表されました。まぁ2007年に発売された前作がとんでもない終わり方だっただけに続編は確実視されていた訳ですが、正式に発表されると安心しますね。

Insomniac Gamesの迅速な開発は今更述べるまでもありませんが、開発の早さだけではなく過去作品から技術をフィードバックして品質も確実に向上させています。

そういえばSCEJのファーストタイトルで、ラチェット同様に「続編が出ないとオカシイよね・・・」的な終わり方をしたRPGを最近プレイしたような。まぁこちらの続編も気長に待つとしますか。

追記:ティザートレイラー来ました

関連記事
Introducing Ratchet & Clank Future: A Crack in Time - PlayStation.Blog
Ratchet and Clank trailer coming to Three Speech! | Three Speech: Semi-Official PlayStation Blog
Ratchet and Clank return! | Three Speech: Semi-Official PlayStation Blog

       
 

GDC09 PS3の開発環境がお手頃に


PS3開発用リファレンスツールの値段が従来の5分の1となる20万円に設定されました。2007年末にも初期価格から半額の95万円に値下げしましたが、今回の価格設定により初期価格から10分の1まで安くなった訳です。

また、グラフィックス描画ツールの最新版「PhyreEngine 2.40」が3月から提供開始され、リアルな木や植物を自動生成できる新機能の搭載により表現自由度が更に高まっているとの事です。

正直なところ現在の開発環境がPS3発売前に整っていれば・・・と思う部分もありますが、Cellプログラマーの裾野を広げるタイミングは今からでも遅くはありません。1994年頃、私が大手パソコンショップで働いていた頃に「今度プレイステーション用のゲームソフトを開発するんですよ」と言ってWindowsPCを20台ほど購入したお客様がいらっしゃった事を今でも記憶しています。

プレイステーションが隆盛を誇ったのは数多くの中小デベロッパからの支持あっての事だと思いますし、今回の開発環境の値下げにより新規参入が少しでも増えれば良いなぁと期待してしまいますね。

関連記事
「プレイステーション 3」専用タイトル開発環境のさらなる強化
SCE、「プレイステーション3」の開発環境を強化 - デジタル - 日経トレンディネット

       
 

GDC09 SCEの開発支援制度「Pub Fund」が魅力的すぎる件


GDCとは「Game Developers Conference」の略で、本来はゲーム開発者によるゲーム開発者のためのイベントです。毎年会計年度終了のタイミングで実施されることから新年度タイトルのお披露目イベントの傾向もありますが、たまにはGDCの趣旨に添った内容の情報を取り上げたいと思います。


GDC09の場でソニーのChris Eden氏が「Pub Fund」と呼ばれる開発支援制度を発表しました。

これはPSN(Playstation Network)独占タイトルを開発するという条件で、開発費もロイヤリティもSCEが負担し、ゲームデザインやマーケティング計画までSCEが支援するといった実に太っ腹な制度です。更に、開発したゲームタイトルはSCEブランドではなく開発側がパブリッシャとして価格等をコントロールできる至れり尽くせりな内容になっています。

ちなみに、北米PSNで配信されたばかりの「Burn, Zombie, Burn!」が当制度を適用した第一弾タイトルとの事です。

勿論、内容に関する審査や開発期間やボリューム等の上限は厳しく選定されるものと思われますが、中小デベロッパにとってはPSNタイトル開発に少なからず前向きになれる制度になることは間違いありません。そしてPS3の開発に慣れていただいてから、将来のパッケージタイトルへとステップアップするようであれば実に素晴らしい成果を上げることでしょう。

これは素朴な疑問ですが、過去ハード(FC/PCE/MD/SFC/SS)のゲームをPSN独占タイトルとしてHDリメイクする場合にも上記の支援制度は利用できるのでしょうかね?あくまでもSCEAから発信された情報で日本国内については不透明ですが、過去作品のリメイクにも適用されるならば予想以上の掘り起こしが期待できるかも知れません。

関連記事
GDC09: Sony encourages PSN exclusivity with Pub Fund
IGN: GDC 09: Sony's Pub Fund

       
 

「ファイナルファンタジーXIII」バトルシステムの詳細


ファミ通.comに「ファイナルファンタジーXIII」のバトルシステム紹介が掲載されています。内容は週刊ファミ通最新号と同じ内容になりますが、雑誌を未読の方は必見です。

記事を一通り読んだ方はお判りだと思いますが、あくまでも4月16日にリリースされるFF13体験版からの情報で、スクエニから公式に入手した内容では無いようです。体験版以降のシステムがどのように変革していくのか?についても明らかではありません。

FF13のシステムは鮮烈なHD映像から「取っつきにくい」印象もありましたが、こうやって説明を読む限りでは従来のJ-RPGから逸脱したゲームシステムでは無いようです。

FFの長い歴史の中でアクティブタイムバトルが導入されたり3D化されたりと色々な変革はありましたが、FFの基本である「コマンド戦闘」から逸脱したことはありません(ナンバリングタイトルのみ)。映像的には大幅な進歩を遂げたFF13も「従来のFFファン」が安心して遊べるゲームシステムである事は間違い無いでしょう。

タイムゲージを軸にしたアクティブタイムバトルがどれだけ軽快でスピーディに展開するのか?実に楽しみですね。我々の手元に体験版が到着する日まで3週間弱になりました。


あと、FF13の主要キャラ4名の声優が公開されました。雑誌内でも本当にひっそりと紹介されていましたね、もう少し大きな扱いでも良かったろうに(笑)

ライトニング:坂本真綾
スノウ:小野大輔
ヴァニラ:福井裕佳梨
サッズ:江原正士氏

ライトニングの強気そうな声の正体は坂本真綾さんでした。TGS2008直後の野村氏インタビュー記事にて過去の野村作品に多数出演されている声優さんとのヒントがありましたが、坂本さんのイメージとはかなり違っていたので予想すら出来ませんでしたね。

関連記事
『ファイナルファンタジーXIII』バトルシステムに迫る - ファミ通.com


ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート(限定版:PS3版「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) Blu-ray Disc ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート(限定版:PS3版「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) Blu-ray Disc


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
PLAYSTATION 3(160GB) ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート Blu-ray Disk(PS3版:「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) PLAYSTATION 3(160GB) ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート Blu-ray Disk(PS3版:「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

GDC09 小島監督の基調講演にて意味深な・・・「The Next MGS」


GDC09にて生涯功労賞を受賞されたコナミ・小島秀夫氏の基調講演の場で映し出された意味深なスライドが話題になっています。

Gdckn79

「MISSION:The NEXT MGS」と刀を持ったキャラクタらしきイラストが・・・。

メタルギアシリーズの刀キャラといえば「雷電」が最初に思い浮かびます。「メタルギアソリッド2」では実質的な主役を張ったキャラクタですので実績十分ではありますが、こうも安直に結びつけてしまって良いのでしょうかね?もうひと捻りぐらいはありそうですが、今は色々と予想して楽しみましょう。

さて、今回の意味深なスライドが「メタルギア ソリッド」最新作を意味するものならば、個人的には少し残念かな・・・というのが率直な感想です。「メタルギア」で確立されたゲームシステムは本当に優秀ですので、小島監督にはステルスアクションの新フランチャイズタイトルを期待したかったのです。

勿論MGSの濃く深い世界観はまだまだ掘り下げ可能でしょうし、商売的なメリットは段違いだという事も理解できるのですけどねぇ。

プラットフォームについても、PS3に特化して開発した「メタルギア ソリッド 4」のノウハウを活かしていただきたいところではありますが・・・コナミからはマルチ化の要請が出ているでしょう。

しかしマルチになれば作品ボリュームや品質や納期に悪影響を及ぼしますので、専務執行役員に昇進された小島監督の発言力が増している事を期待したいところです。最終的に小島監督には「現役クリエイターのコナミ社長」を目指していただきたいと勝手に思っていたりするのです(笑)

関連記事
Game Developers Conference 2009現地レポート-GAME Watch
Kojima's new mission is 'the next MGS' -- PlayStation Universe (PSU)

       
 

GDC09「CryENGINE 3」の実機映像が公開


書ききれなかったGDC09の公開情報を少しずつ取り上げていきます。


Crytekの最新ゲームエンジン「CryENGINE 3」のコンソール用デモ映像です。

デモ映像はPS3とXbox360の映像が交互に切り替わる構成になっています。

前バージョンである「CryENGINE 2」もHDコンソール機への移植は噂されていましたし、Crytek側からも研究段階である事はコメントされてました。最新版の「CryENGINE 3」はバージョンが一つ上がっていますが、実質的にはコンソール機に最適化したマイナーチェンジになるのですかね?

勿論実際にゲームとして作り上げていく過程で、敵等のオブジェクトや処理負荷によって映像品質は落とさざるを得なくなるのでしょうが・・・。それでも家庭用コンソール機でここまでの映像が表現できた事に素直に驚きました。

更に、IGNとのインタビュー記事の中でCrytekのCEO・Cevat Yerli氏は「PS3版がわずかだが良好に動くだろう」とコメントされています。ゲーマーには気づかない程度だろうとも書かれていますので、映像品質ではなく負荷が大きくなった時のフレームレート等の事なのかも知れません。

さて、高い映像能力を見せつけた「CryENGINE 3」ですが、HDコンソール機のミドルウェアとして一定のシェアを獲得することは出来るのでしょうか。現行の「Unreal Engine 3」は同じGDC09の場でもスクエニが世界中に赤っ恥を晒したようにPS3との相性問題が依然として残されています。UE3最新バージョンでも改善する様子がないようであれば、マルチ開発を前提としたサードが少しずつでも動き出すかも知れません。

そして、CryENGINEの代表作といえば言わずと知れた「Crysis」です。技術デモ的なタイトルとして、もしかすると今年中にでも「Crysis」最新作がコンソールに登場する事も予想できます。EAタイトルですので日本語版にも期待できますし、HDゲームファンとしては「CryENGINE 3」の実機映像がとにかく見たいのです。

まぁ個人的にはFPSよりTPSの方が嬉しいですが・・・(笑)

追記:ファミ通.comにCevat Yerli氏インタビュー記事が掲載されています。ライバルのUEに対して映像性能やゲームエンジンとしての使い勝手の良さで圧倒してしていると自身のコメントを残しています。

PCゲーム最高級のエンジンが家庭用機についに上陸――CryENGINE 3プレビュー&ショートインタビュー

Ce3_1

Ce3_2

関連記事
IGN: GDC 09: Crytek Talks CryENGINE 3
VG247 » Blog Archive » GDC: New CryENGINE 3 trailer and screens
Crytek: CryEngine 3 "will run slightly better" on PS3 -- PlayStation Universe (PSU)
cryengine3

       
 

低価格フルHD液晶モニタの現状 3/28


3月に発売されたばかりのベンキューの21.5型液晶モニタ「G2220HD」が順調に値下がりしています。HDMI非搭載モデルになりますが、HDCP対応ですので変換ケーブルでゲーム機の映像表示は可能です(音声は別途出力が必要)。

HDMI搭載モデルの最安はI-O DATAの「LCD-MF221XBR」で2万円を割っています。なお、ベンキューの「E2200HD」も2万円強です(3月28日現在)

確かにHDMI/D-SUB/DVIの3入力端子は便利ですが、これらの低価格モニタをサブモニタとして使用する方も多いでしょう。そのような場合はDVIで代用できるHDMI端子に拘る必要は特にないのかな?と感じますね。


ベンキュー BenQ 21.5型 LCDワイドモニタ G2220HD(グロッシーブラック) G2220HD ベンキュー BenQ 21.5型 LCDワイドモニタ G2220HD(グロッシーブラック) G2220HD


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
I-O DATA HDMI搭載 21.5型ワイド液晶ディスプレイ 黒 LCD-MF221XBR I-O DATA HDMI搭載 21.5型ワイド液晶ディスプレイ 黒 LCD-MF221XBR


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
BenQ 液晶モニタ グロッシーブラック E2200HD BenQ 液晶モニタ グロッシーブラック E2200HD


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

GDC09「Uncharted 2: Among Thieves」ゲームプレイ映像 3/28


GDC09にて公開されたものと思われる「Uncharted 2: Among Thieves」ゲームプレイのカム撮り映像が配信されています。(映像は消されている可能性があります、ご了承下さい)

後半は「これぞアンチャーテッド」と言いたくなるような、ぶら下がりアクションが堪能できます。そういえば初代のネイトさんは銃を撃っているか、どこかにぶら下がっているイメージがありますからねぇ(良い意味でも悪い意味でも)。

最新作では更なる戦闘やアクションのバリエーションが増え、飽きさせないゲーム構成になることは間違いないでしょう。日本人ゲームファンとしてはカットシーンをもう少し増やして欲しいと思いますが、アメリカ産のゲームだから難しいですかね。

現時点で情報が公開されているのは市街地ステージが中心ですが、今作の売りである雪山ステージ?のショットや映像も早く見てみたいですね。タイミング的には夏のE3までお預けと言ったところでしょうか。

さて、初代「アンチャーテッド」日本語版の吹き替えでは東地宏樹さん演じるネイトが実にハマり役でした。よほどの理由がない限り「アンチャーテッド2」でも東地さんが続投されるでしょう。余談ですが東地さんはPS3「機動戦士ガンダム戦記」の主人公役も決定しているようで、同じ年にPS3専用タイトルの主人公役を2本担当する事になりそうです。

関連記事
2 Minutes of Leaked Uncharted 2 Footage from GDC 2009! - PS3Forums
GDC ‘09: Uncharted 2 Gameplay Footage Leaked | SCRAWL

       
 

「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE」最新PV 3/28


4月16日にリリースされるBlu-ray「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE」の最新PVがPlaystation Storeに配信されています。

PVでは本編だけではなく、FF7ACCの盛りだくさんな特典映像が紹介されています。

1.On the Way to a Smile EPISODE DENZEL FINAL FANTASY VII
(デンゼルを中心としたオリジナルアニメ)
2.REMINISCENCE of FFVII
(『FFVII』のダイジェスト)
3.REMINISCENCE of FFVII COMPILATION
(『COMPILATION of FFVII』作品のダイジェスト)
4.TURBULENCE of FFVII ADVENT CHILDREN
(映画祭出品の模様など)
5.FFVII ADVENT CHILDREN COMPLETE トレーラー集

オリジナルFF7のダイジェスト映像が実に懐かしい・・・。また、デンゼル篇のオリジナルアニメもHD収録のようですし、本編以外の部分だけでもファミ通で野村氏が「できることは、やり尽くした」とコメントするだけの手間は掛かっているなと感じました。

どうしてもFF13体験版が話題になりますが、FF7ACC単体としても十分以上に魅力的な映像作品でしょう。体験版同梱バージョンが「ゲームソフト」として集計されるのかどうかは判りませんが、映像作品として国内BDソフトの記録を塗り替える事を期待しています。

公式サイト
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE

関連記事
『FFVII アドベントチルドレン コンプリート』と氷室京介がふたたびコラボ! - ファミ通.com
氷室京介の参加が判明「FFVII アドベントチルドレン コンプリート」/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム


ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート(限定版:PS3版「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) Blu-ray Disc ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート(限定版:PS3版「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) Blu-ray Disc


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
PLAYSTATION 3(160GB) ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート Blu-ray Disk(PS3版:「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) PLAYSTATION 3(160GB) ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート Blu-ray Disk(PS3版:「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「塊魂トリビュート」PVが公開


2009年発売予定の「塊魂トリビュート」の初PVが配信されています。

               
       

「のびのびBOY」と違って「塊魂トリビュート」トレイラーはストレートにゲームの魅力が伝わる内容に仕上がっています。まぁ「のびのび」の意味不明PVは意図的でしたし、愛嬌の範疇でしたけどね。

シリーズ初のフルHD対応やビジュアル選択機能等も盛り込まれ、塊魂ファンにとっては決定版の一本になりそうです。公表されていない新モードも楽しみですし、「のびのびBOY」でも実装されたYouTubeアップロード機能も搭載されるかもですね。

ファミ通によると開発度は40%との事ですが、PVを見る限りでは仕上がりに不安は感じません。更に技術的には高いレベルのフルHD対応に挑戦している訳ですから、2年前の開発中止は政治的な理由だったんでしょうね・・・。前の記事で冗談半分で書いた「エースコンバット」PS3版の噂も本当に出てきているだけに、ようやく目覚めた2009年のバンナムには少しだけ期待しても良いかも。

公式サイト
塊魂TRIBUTE

関連記事
フルHDに対応した『塊魂トリビュート』動画をファミ通ドットコム先行公開 - ファミ通.com

       
 

「イース7」「イース I&II クロニクルズ」のビジュアルが公開


電撃オンラインに「イース7」「イース I&II クロニクルズ」のビジュアル及びスクリーンショットが公開されています。なお、電撃PlayStation Vol.444では更なる最新情報やファルコム社長のインタビューが掲載されているとの事です。

090327_ys_02thumb

アドルも23歳ですかぁ。初代イースの時は17歳の設定でしたので6年後の物語になるわけですね。シリーズ初の3D化には若干違和感も感じますが、アクションRPGの3D化は時代の流れですし、むしろ遅いぐらいでしょう。

090327_ys_04thumb

こちらは懐かしい「イース I&II クロニクルズ」のショット。PC版とPSPオリジナルのグラフィックが選択できるようです。私はPCエンジン版以来のプレイになりますから、20年近くぶりの「イース I&II」は新鮮な気分で楽しめそうです。PCE版は音楽も声優も良かったので「イース I&II クロニクルズ」のキャストにも注目したいところです。

しかしどうでも良い話ですが、PC88版「イース」が発売された時は私とアドル君は同い年だったはずなんですが・・・あれ(笑)

関連記事
日本ファルコム、PSPで『イース』シリーズ最新作『イース7』と『イース I&II クロニクルズ』を発表!!


Ys SEVEN(2009年9月発売予定) Ys SEVEN(2009年9月発売予定)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Ys I & II Chronicles(2009年7月発売予定) Ys I & II Chronicles(2009年7月発売予定)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「白騎士物語 -古の鼓動-」バージョン1.06が公開


告知通り「白騎士物語 -古の鼓動-」のバージョンアップと追加クエスト第5弾「迫り来る巨影」が配信されました。最新バージョンはVer1.06になります。

バージョンアップに伴い改善された項目は下記の通り。

・クエストリザルト後に最大10分のフリータイムを実装
・AC回復技をスロットに登録した際に緑色のパレットになる
・視点リセット機能を実装
・戦闘中の操作にダイレクトターゲット変更機能を実装
・アイテム取得のサーチポイントのエフェクトを変更
・ターゲット処理を調整
・メニューの改善
・会話可能なNPCに吹き出しアイコンを実装
・ステータス画面のレイアウト調整
・ロジックストーンに「回復」の項目が実装
・戦闘不能になったキャラクタが暗く表示されるように

色々と細かなところが改善されています。
メニューは確かに使いやすくなってますねぇ。バトルセットアップのキャラ変更インタフェイスの改善については「最初からやってくれよ」と思わなくもないですが、今回のようなユーザーフィードバックは次回作等に対しても良い影響を与えることでしょう。ストーリーパート用の改善項目もあったのが好印象でした。

あと、緊急告知がありました。

※緊急告知
3月28日(土)の21:00~翌3:00までの6時間、電撃PSの精鋭部隊「電撃騎士団」のメンバーと一緒にクエストに行けるイベントを開催。3/27発売の「電撃PS Vol444」にて詳細が記載されているようです。

どうも私はMMORPGからオンラインRPGに入ったためか、白騎士物語のロビー機能には物足りなさを感じてしまいます。特にイベント等でも人が集まれないですからねぇ、やはり「白騎士物語2」はHomeとの完全連動が必須でしょう。Home上でワイワイ集まってイベントを行って、そこからマッチングしてクエストに飛べば良い訳ですからスマートなものです。

公式サイト
白騎士物語-古の鼓動-

       
 

GDC09「ラスト レムナント」PS3版は絶望?


GDC09のスクエニセッションの内容が国内外のサイトで話題になっています。

『An American engine in Tokyo: The collaboration of Epic Games and Square Enix for THE LAST REMNANT(アメリカ製エンジンを利用した東京での開発:「ラスト レムナント」に見るスクウェア・エニックスとEpic Gameのコラボレーション)』と題されたセッションは、北米製ゲームエンジン「Unreal Engine 3」を採用した「ラスト レムナント」開発に関する内容になっています。

その中でPS3版「ラスト レムナント」について言及され、ディレクターの高井氏が回答に窮してしまい、挙げ句の果てには「PS3版については何もコメントする事が出来ない」とそれ以上の追求をシャットダウンしてしまう情けない有様だったようです。

今回の件で問題として取り上げるべきなのは、PS3版の開発状況云々ではなくスクエニ側がPS3版「ラスト レムナント」の質問に対して回答を準備していなかった事なのです。

客観的に考えても「スクエニもPS3のUE3最適化には苦労しているのか?」が今回のセッションで一番の注目点であり、誰もが聞きたかった内容だったはずです。スクエニ側もそれは認識しているはずで、質問者が誰なのかは不明ですが高井氏が回答できなかった事からも「聞かれるはずは無かった(事前に根回ししていた)」のに質問されたからと考えることも出来ます。

正直、私はPS3版「ラスト レムナント」については何も期待していません。元々PS3と「Unreal Engine 3」の相性が悪いことは周知の事実ですし、開発経験が豊富な海外デベロッパですらUE3採用のマルチタイトルには苦戦しているのが現状です。

スクエニとしては「世界トップクラスの技術力」を誇る国内デベロッパとして表向きは振る舞っていますが、野村チームが孤軍奮闘しているだけで他の開発チームは平均レベルにすぎません。今更「PS3版ラスレムは技術的問題により開発中止」と発表しても「仕方ないなUE3だもんな」と思うだけの話で、未だに発表できないのはスクエニのプライドの問題だけなのかも知れません。

しかしその大切なプライドとやらは、きちんとPS3版「ラスト レムナント」を他機種版と遜色ない品質で同日発売した場合のみ保たれるのです。

関連記事
GDC 09: Square Enix silent on Last Remnant's PS3 version - PlayStation 3 News - QJ.NET
Is Last Remnant ever coming to PS3? *awkward silence* - GameGrep
GDC ‘09: The Last Remnant PS3 and Square Silence | SCRAWL

       
 

GDC09「God of War III」実機映像 3/27


国内外でPS3関連の情報が溢れてきました。PS3ラバーとしては嬉しい限りではあるのですが、私の力量では当日に全ての情報を紹介することは到底不可能です。書ききれなかったネタについても少しずつ記事にしていく予定です。


さて、GDC09にてSCEサンタモニカスタジオによる「Practical SPU Usage in GOD OF WAR 3(「GOD OF WAR 3」における SPU 利用の実践)」セッション中に「God of War III」の実機映像が公開されたようです。

現地のカム撮り映像がYouTubeに配信されています。

サイクロプスを操って雑魚モンスターをひたすら蹴散らすシーンのみです。今までに公開されたトレイラーと比較しても演出が控えめな分、プレーンなゲーム映像の魅力が伝わってきます。発売まで1年も残されていますが、技術的には何ら問題が無い事が伺えます。品質に関しては心配していませんので、後はじっくりと作り込んで良作から傑作に押し上げていただきたいものです。

ただし、今回の映像が正式に配信される可能性は低いのかも知れません。次なる映像公開のタイミングはE3になるのでしょうか?今から楽しみですね。

Screenshot_212860

関連記事
God of War III runs @ 60fps...most of the time -- PlayStation Universe (PSU)
GDC ‘09: A Minute of God of War III Off-Screen Gameplay | SCRAWL
VG247 » Blog Archive » GDC: God of War III runs at 60fps, and sometimes 30fps
Preview: God of War III - ComputerAndVideoGames.com

       
 

「のびのびBOY」マルチプレイ映像


PlayStation.Blogに「のびのびBOY」のマルチプレイ映像が公開されています。

うむ、程よい気持ち悪さですな(笑)
あくまでもティザー映像ですので、複数のBOYがステージ上を所狭しとウニョウニョするであろう本気映像は次回以降のお楽しみですな。


そういえば、ファミ通フラゲ情報で「塊魂TRIBUTE」なる塊魂最新作が発表されたようですね。約2年前に「ビューティフル塊魂」のPS3版開発中止の報を受けたときには「バンナム、やってくれたな・・・」と思ったものですが、真面目にハードを研究して結果2年以上掛かったのでしょうか。まぁかなりのスケールアップが施されているようですので大注目作品ですね。

それにしても「ガンダム戦記」といい、バンナムは2009年度から方針を切り替えたのですかね?もし今後「エースコンバット」「アイマス」「テイルズ」のPS3版が登場するようならば、その可能性は高いのかも知れません。

公式サイト
WEB WEB BOY

関連記事
Noby Noby Boy Multiplayer Teaser - PlayStation.Blog

       
 

「バイオニック コマンドー」発売日決定


カプコンの新世代ワイヤーアクションゲーム「バイオニック コマンドー」の発売日が6月25日に決定しました。最新PVも配信されていますのでどうぞ。

 

うむむ、このゲームも面白そうですねぇ、独特の浮遊感が楽しめそうなゲームになりそうな期待感が伝わってきます。しかし現時点では映像しか判断材料がありませんので、実際に体験版等でプレイして操作感やフレームレート等を確認してから購入判断をする予定です。

「バイオニック コマンドー」は、昨今のカプコン作品の中でもダントツに実験色が強い作品ですし、3Dワイヤーアクションのマイルストーンになるべきタイトルです。技術以上に産みの苦しみも有ったとは思いますが、どこまで作品世界を作り込んできたのかに注目したいと思います。


気がつけば6月25日発売のPS3タイトルが増えてきました。私は「ロロナ」一本にしようと思っていたのですが、「バイオニック コマンドー」も気になるタイトルに昇格しました。

それにしてもカプコンのマルチタイトルと同日にPS3専用J-RPGが発売されるタイミングは2008年1月31日を思い出しますなぁ、あの時は「デビル メイ クライ 4」が圧倒的に売れながらも「魔界戦記ディスガイア3」が累計10万本以上と大健闘しました。

2009年6月25日もPS3版「バイオニック コマンドー」と「ロロナのアトリエ」が景気よく売れてくれたらなぁとは思いますが、「バイオハザード」「デビル メイ クライ」とは違ってメジャーフランチャイズの続編でもありませんし、売り上げも渋そうです。

公式サイト
Bionic Commando

関連記事
『バイオニック コマンドー』PS3版&Xbox 360版の発売日決定
4Gamer.net ― X360/PS3「バイオニックコマンドー」の発売日が6月25日に決定&最新プロモムービーを4Gamerにアップ(バイオニック コマンドー)
PS3/Xbox 360「バイオニックコマンドー」の最新PV - GameSpot Japan
『バイオニック コマンドー』が2009年6月25日に発売決定! 最新映像も公開 - ファミ通.com
カプコン、PS3/Xbox 360「バイオニック コマンドー」6月25日発売決定。最新プロモーションムービーを公開
「バイオニック コマンドー」発売日決定 - ITmedia +D Games
「バイオニックコマンドー」発売日決定! - GameSpot Japan


バイオニック コマンドー バイオニック コマンドー


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

「KILLZONE®2」試遊イベントが開催


4月23日の発売まで1ヶ月を切った「KILLZONE®2」の試遊イベントが都内で開催されます。詳細は下記の通り。


場所 さくらや新宿東口ホビー館B2イベントスペース
日時 3月27日(金)17:00~20:00
問合せ先 さくらや新宿東口ホビー館 (03-3226-6868)
http://www.sakuraya.co.jp/sshop/shi_hoby.html

場所 秋葉原メッセサンオー本店A館店頭
日時 4月4日(土)13:00~17:00
問合せ先 メッセサンオー本店A館 (03-3255-3452)
http://www.messe-sanoh.co.jp/
特典 体験者にはポスターをプレゼント!


関西人に戻ってしまった私には参加不可能ですが、ポスターは少し欲しかったり(笑)

体験版の更に先のステージが試遊出来るとの事ですので、お近くの方は是非とも参加して盛り上げていただきたいですね。

公式サイト
KILLZONE®2
『KILLZONE®2』店頭イベント情報


KILLZONE 2(キルゾーン2)(初回生産分限定:PS3用カスタムテーマ プロダクトコード同梱) 特典 設定資料集 & Amazon.co.jpオリジナル「ヘルガストプロパガンダカスタムテーマ」付き KILLZONE 2(キルゾーン2)(初回生産分限定:PS3用カスタムテーマ プロダクトコード同梱) 特典 設定資料集 & Amazon.co.jpオリジナル「ヘルガストプロパガンダカスタムテーマ」付き


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

Amazon新着情報 3/25


Amazonの新着情報です。


【PS3用新作】
06/25 バイオニック コマンドー(カプコン)

       
 

「白騎士物語 -古の鼓動-」3月26日にアップデート


毎週木曜日には「白騎士物語」の定期メンテナンスが実施されます。

3月26日(10:00~12:00)の定期メンテ終了後にアップデートが行われ、更新プログラム(Ver1.06)及び追加クエストが配信される事がアナウンスされました。

この記事を書いている時点では追加クエストの内容については不明ですが、いつもの前日公開になるでしょう。また、アップデート内容は実装後にアナウンスされるでしょうね。


少し話は逸れますが、日経トレンディネットに掲載されているレベルファイブ・日野社長のインタビュー記事を読んでいると「白騎士物語」続編に少し不安が芽生えてきました。

最近ではDQ9で手痛い扱いを受けたばかりという事もあってでしょうか、デベロッパからパブリッシャへの更なるシフトを進行させようとしていると感じ取れました。まぁ会社として自社タイトルを優先したい気持ちは判ります。

しかし、詳しくは書きませんが「白騎士物語2」は「リリースしなければいけない」作品なのです。同じSCEJタイトルなら「アーク・ザ・ラッド」だけ、最近の作品ならば「空の軌跡FC」だけのような状態と表現すればご理解いただけるでしょう。

しかも「白騎士物語」におけるレベルファイブは単なるプラグラムを担当しているだけではなく、日野社長自らが中核的な要素に携わっている訳で、そうホイホイとデベロッパを変更することも出来ません。

私の無責任予想では、東京ゲームショウ2009直前のファミ通で発表され、TGS2009でPVや実機映像が初公開、発売は2010年末頃というものです。とりあえず納得のいく形で物語を完結させて欲しいです。

当然のように発売されるだろう・・・と気楽に考えていた「白騎士物語2」が無事発表される日は来るのでしょうか?発売されるならば待ちますが、折角スマッシュヒットしたPS3オリジナルRPGですし、タイミング良く発表して期待させて欲しいですねぇ。

公式サイト
白騎士物語-古の鼓動-
PlayStation.com(Japan) | SCEJオンラインタイトル情報

       
 

GDC09「NINJA GAIDEN Σ2」の詳細が明らかに


GDC09にて「NINJA GAIDEN Σ2」のゲーム詳細とトレイラーが公開されました。

うーん面白そうですねぇ。オリジナルの「NINJA GAIDEN 2」はPS3で発売される見込みはゼロに近いと思っていた為、殆ど情報を入手していませんでした。その影響もあってかもの凄く新鮮な気分だったりします。

今回、GDC09で明らかになった新要素を簡単にまとめると下記の通り。

・オリジナルより質・量ともにグレードアップ
・ユーザーからのフィードバックによりカメラ等を微調整
・「あやね」の他に「紅葉」もプレイ可能に
・オンラインco-opモード
・トロフィーサポート
・DUALSHOCK3/SIXAXISのモーション操作に対応


これだけの情報でも「NINJA GAIDEN Σ2」が単なるベタ移植でない事が判ります。特にオリジナルを上回るグラフィックの実現に関しては手応えを感じているようですし、実機映像が待ち遠しくなりますね。

ヘボゲーマーとしては難易度が少し気になりますが、「NINJA GAIDEN Σ」の難易度設定は絶妙でしたし「NINJA GAIDEN Σ2」も同様に万人が楽しめるアクションゲームに調整されている事を期待します。

後は体験版ですかねぇ。「NINJA GAIDEN Σ」は体験版の出来も良かったですし、製品発売の1ヶ月半前に配信されました。可能ならばソフトラインナップが充実する前のタイミング、具体的には8月上旬あたりに配信されれば注目を浴びるのでは・・・と思います。

Ng2

公式ティザーサイト(3/25オープン)
TECMO

関連記事
Ninja Gaiden Sigma 2 First Look - PlayStation 3 News at GameSpot

       
 

SCEJソフトウェア一覧がヤバイ件 3/24


当サイトの名物企画?「SCEJソフトウェア一覧がヤバイ件」の最新情報です。2009年3月23日現在のSCEJタイトルリストです。

Scej20090323

ヤバイヤバイと言われ続けてましたが、とうとうここまで来ました・・・。

このままでは「KILLZONE2」が発売された後のパッケージタイトルは「永遠の秘密兵器」しか残されていない状況になります。まぁ実質的には「The Last Guy(ザ ラストガイ)」のパッケージ版が5月に予定されていますが、何故かSCEJ一覧には掲載されていませんねぇ。

はたして4月23日発売予定の「KILLZONE2」発売までに新作は発表されるのか・・・。もしくは発表されないままに秘密兵器のみがポツンと置き去りにされてしまうのか?別の意味でSCEJソフトウェア一覧から目を離すことが出来ません。

ブログ内記事
ゲームかなー: SCEJの新作発表はそろそろ? 2/10

       
 

セガ・名越氏の最新作はワールドワイドタイトルに?


日経トレンディネットにセガ取締役の前田雅尚氏のインタビューが掲載されています。

まぁスクエニ社長を筆頭に非クリエイター幹部の発言は空気を読まず現実的で、読者に夢を与えるどころか胸が苦しくなるような内容が多いのですが(笑)、前田氏も例に漏れず「日本だけでは商売にならない」「カジュアルゲームへのシフト」と頭を抱えたくなるような聞き飽きたフレーズが連呼されています。

そのインタビュー記事の中で

『龍が如く』シリーズの名越稔洋には、作家性を生かしたワールドワイドのタイトルを開発してもらいたいですし、大変期待しています。

とのコメントがあり、現在名越氏が手がけている2本のうちどちらか(もしくは両方)はワールドワイド向けのタイトルとなる事が示唆されています。

確かに「龍が如く」は名越氏の作家性が大いに発揮されたタイトルです。私も最新作「龍が如く3」を堪能した余韻も強く、名越氏のワールドワイドタイトルには思わず興味をそそられてしまったのも事実です。

「龍が如く」の魅力の源泉は日本市場に限定して制作した「密度の濃さ」と「熱さ」だと思います。これがワールドワイド向けに開発するとなると濃密な部分は薄めざるを得なくなります。そのような状況で、名越氏の「作家性」がどのように発揮されていくのかに注目したいところです。

でも、個人的にはファミ通の対談記事で「日本市場向けタイトル」や「専用開発」の良さを語っていた名越氏の新作「純和ゲー」に期待したい気持ちもあります。まぁイタリアンマフィア「カズマトーレ・キリューニ」の物語でも大歓迎ですが。

関連記事
『龍が如く』チームも世界進出目指すセガ iPhone用などカジュアルゲーム開発も推進 - デジタル - 日経トレンディネット

       
 

Amazon新着情報 3/23


Amazonの新着情報です。


【PSP用新作】
07/31 Ys I & II Chronicles(日本ファルコム)
09/30 Ys SEVEN(日本ファルコム)

       
 

「God of War III」はバイオレンス表現もより過激に・・・


2009年度中の発売が予定されている「God of War III」、日本以外のエリアではまさに「SCEの代表作」の貫禄十分なビッグフランチャイズの最新作です。SCEサンタモニカスタジオが総力を挙げて開発しているだけあって、公開されている情報だけでも期待は膨らむばかりです。

今回明らかになった情報でGoW3には「Zipper Technology」という技術が採用されており、更なるリアルな映像表現・・・具体的には切り裂いた傷口から内臓や血液が飛び出すような演出が可能になるとの事です。

本来ゲームファンとして、開発陣がリアルな表現に拘っている姿勢は歓迎する事なのですが、「行き過ぎてリアルなバイオレンス表現」となると話は少し複雑になります。

ご存じのとおり「God of War I/II」はSCE制作のゲームソフトでありながら、日本ではカプコンがローカライズして販売しています。これは本作の過激なバイオレンス表現と無関係ではありません。私としては3作目からハードがPS3に変わることですし、仕切り直しでPS3版「God of War III」こそはSCEJにローカライズを担当して頂きたかったのですが、雲行きの怪しさは尋常ではありませんねぇ。

それに従来通り他社がローカライズを担当するとしても表現規制部分の差し替えで発売まで間が空いてしまうでしょう。まぁ最近は日本以外でも表現規制が厳しい国も多いので、最初から複数パターン込みで制作されている可能性も有ります。

こうなったら「キルゾーン2」アジア版のように日本語字幕が収録されている事に期待するとしますか。PS3ラバーとしては、SCEブランドとしての「God of War」が欲しいという気持ちもあるのです。

Godofwariii20090213012415778

関連記事
God of War III too violent for the Internet -- PlayStation Universe (PSU)

       
 
DMM