ファミ通を読む 1/20


普段は立ち読みで済ますのですが、今週分はスマブラの特集冊子のお陰で紐で縛られています。どうせ大した記事も無いのに購入するのも勿体ないし、意外にかさ張る雑誌なので漫喫で読む事にしました。時間を決めないとダラダラと過ごしてしまうので気合を入れてタイマーをかけて30分勝負(笑)

・スターオーシャン2 セカンド エヴォリューション
ようやく映像等が掲載されましたが肝心な発売日は未定です。SO1は発売日決定から3ヶ月弱でリリースされましたので、この調子なら夏ぐらいになりそうですね。PSP版SO1の戦闘画面はオリジナル版SO2を踏襲したものとの事ですので、違和感無く遊べそうです。

つい忘れがちですが「スターオーシャン 4」のハード発表はまだかいな・・。

http://www.famitsu.com/game/coming/1212997_1407.html?ref=rss

・クロスレビュー
何故か今頃「グランツーリスモ5 プロローグ」がレビューされています。しかも点数は8887とさすがはファミ通クオリティの低評価に思わず失笑。ちなみにスマブラというゲームは満点でした、さすがは任天様。

・あなたの知らないプレイステーション3
なにやら誌面狭しとPS3のTIPSが特集されていました。多分隅から隅まで読めば「へぇ~」と感心する事も1つぐらいはあると思うけど、パッと見た感じではPS3ラバーとしては常識的な内容でした。
しかし「実際に比較しましたSS」と言うコーナーがあり、HDMIやD端子やコンポジット等の入力端子の違いによる文字の見やすさをSSで比較していましたが「コンポジット入力が綺麗すぎ」な事に驚きました。これ何型のTVだ?どう考えても20型程度のHDMI搭載PCモニタ辺りなんじゃね。せめて32型以上のTVでプレイしないと意味ないべ、と思いきや私は11型の有機ELテレビでPS3を繋いでいる事を思い出して苦笑。

・戦場のヴァルキュリア
既に別記事で既報ですが、発売日が4/24に決定。今まで紹介されていなかった世界観やキャラが明らかになっています。購入予定ソフトは事前情報はそれ程入手しない主義なので、ガッツリと詳しくは読まず。

この辺りで30分の制限時間になりました。いやぁ時間を決めると結構集中して読めるものなんですな、今度から立ち読みできないときは30分縛りで読みに行くとしますか。

ちなみにFF13情報は次週のようです。Vジャンプの記事と大差はないと思いますけどね。

       
 

最も将来性のあるBDプレイヤーはPS3? 1/20


CES2008にて発表されたBlu-rayプロファイル2.0は多数の魅力的な機能が備わっていますが、一方で現在のプレイ環境全てに対応が保証されているわけではありません。特に1GBのローカルストレージ領域が必要になりますので、標準で対応する能力を保持しているのは現在はPS3のみと言えるでしょう。

また、プロファイル2.0には簡易ゲーム機能もあります。CES2008にて実際に展示されていたBD-LIVE対応ゲームもPS3のコントローラを前提に開発されているであろうとの事です。これはBlu-ray再生ハードはもう暫くの期間PS3が中核を担うだろうと映画ベンダーが暗に認めている事でしょう。

プレイヤー単体としてはそろそろPS3よりも安価な製品も出つつありますが、将来のプロファイル対応度等を考えるとPS3に対抗できるコストパフォーマンスは厳しい。勿論BD陣営はどこぞやと違ってまっとうなビジネスをしていますので、身を切って廉売する必要は無いですから。

記事には「PS3は当初ゲーム機としてBlu-rayを普及させる為のトロイの木馬としての役割がありました。しかし今では高性能DVDアプコンや将来性抜群のBlu-rayプレイヤーとして、逆にホームシアターファンからゲームを普及させようとしているトロイの木馬なのかもしれません」と若干皮肉に表現されています。

でもね、AVファンは「ゲームを買わない」のがカッコイイと思ってるんだよなぁ・・・。今年もHDTVの普及にあわせて、じわじわとHDゲーム機としてのスタンダードの地位を確立しつつソフトラインナップを拡充していくしかないのはPS3ラバーとして理解しているつもりなんですが。

http://arstechnica.com/news.ars/post/20080118-new-nlu-ray-2-0-spec-makes-ps3-the-most-future-proof-player.html

       
 

PS3 北米予定リスト 2008年2月 1/20


2008年2月分の北米リリース一覧です。

2/05  Devil May Cry 4
2/05  Turok
2/12  Conflict: Denied Ops
2/18  FIFA Street 3
2/19  Dynasty Warriors 6(真・三國無双5)
2/19  The Club
2/19  History Channel: Battle for the Pacific
2/26  Lost Planet: Extreme Condition
2/26  Lost: Via Domus
2/26  Turning Point: Fall of Liberty

「Devil May Cry 4」は北米でも人気を集めるでしょう。私は現時点のカプコンにそれ程好意的で無い事は何度も書いていますが、それでも制作するゲームのセンスに惹き込まれる事は認めざるをえません。特にゲームに「格好良さ」を追求しつつ、日本でも海外でも均等に受け入れられる世界観で勝負できるのは何気に凄い事です。任天堂が若年層向けのデザインで世界中のゲームユーザに親しまれているのとは少し話が違います。

DMC4が話題を集めがちですが、「Turok」「FIFA Street 3」「Dynasty Warriors 6」「The Club」「Lost Planet」と安心して選べる期待作が揃っています。しかしSCEAタイトルが3月にずれ込んでいる影響でPS3専用タイトルが無いのが残念ですが、この辺りはPSNタイトルにも頑張ってもらわなければと思います。

噂ではSCEJの未発表PS3タイトルが20本以上開発中との話もあります。勿論SCEが何も準備していないとは思っていませんが、GDC2008でいくつかは発表される事を期待しています。

       
 

PS3 激戦 1月31日発売予定タイトル 1/20


ご存知の通り2008年1月31日はゲームソフトの激戦日です。「もう少し前後にずらせよ・・・」と余計な心配すらしてしまう程に重なっています。

【2008年1月31日発売予定】
・デビル メイ クライ 4
・アサシン クリード
・ニード・フォー・スピード プロストリート
・セガラリー レヴォ
・魔界戦記ディスガイア3(通常版)
・魔界戦記ディスガイア3(初回限定版)

注目はなんと言っても「デビル メイ クライ 4」です。私は体験版で最終的に購入を決める予定ですが、現時点でも完成度の高さは伝わってきます。問題なのは私がDMCシリーズ未経験な事ですかね。

デビル メイ クライ 4 特典 スペシャルDVD付き(※2種類のピクチャーレーベルのうち、いずれか1つがランダムで付きます) デビル メイ クライ 4 特典 スペシャルDVD付き(※2種類のピクチャーレーベルのうち、いずれか1つがランダムで付きます)

by G-Tools

次は「アサシン クリード」。世界的な大ヒットを記録した人気タイトルですが、残念ながらPS3用日本語版はXbox360版に遅れること2ヶ月で、初期需要はそちらに取られてしまったでしょう。しかも同日にDMC4が発売される上にPS3版は不具合が多いという、まさに3重のハンデを背負った状態でのセールスには逆に興味が出てしまいます。私は日本版発売後の評判を聞いてから購入を検討しようと思います。不具合がFIX済みかパッチがリリースされないと厳しいですよね。

アサシン クリード【CEROレーティング「Z」】 特典 アートブックA4版付き アサシン クリード【CEROレーティング「Z」】 特典 アートブックA4版付き

by G-Tools

レゲーも同日に2種類発売されます、「NFSプロストリート」「セガラリー レヴォ」。全く系統は違うのですが同じ日にリリースする事も無いだろうに・・・。正直なところ体験版をプレイした感じでは両方ともパスですね。NFSはGT5Pの後ではプレイする価値が感じられないし、セガラリーは以前も書いたとおり「WRCの競技体系を無視」したゲームデザインやコースレイアウトが納得できなかったりします。

ニード・フォー・スピード プロストリート 特典 NISSAN GT-R コラボステッカー付き ニード・フォー・スピード プロストリート 特典 NISSAN GT-R コラボステッカー付き

by G-Tools
セガラリー REVO セガラリー REVO

by G-Tools

アクションやレゲーが意味不明の同日リリース対決で食い合う中、「魔界戦記ディスガイア3」は独自の地位を保っています。一般的な知名度はそれ程高くありませんが、コア向けなRPGとしてネット上での情報量も多いですし、PS3に数少ないRPGソフトとして私も注目しています。個人的にはこのソフトの本数が今から気になります。

魔界戦記ディスガイア3(通常版) 魔界戦記ディスガイア3(通常版)

by G-Tools
魔界戦記ディスガイア3(限定版) 特典 魔界主題歌コレクション ~デビルレーベル~付き 魔界戦記ディスガイア3(限定版) 特典 魔界主題歌コレクション ~デビルレーベル~付き

by G-Tools

なお、DMC4と40GB版PS3をセットにしたバンドルパックも発売されます。
・デビル メイ クライ 4 プレミアムBDパック(セラミック・ホワイト)
・デビル メイ クライ 4 プレミアムBDパック(クリアブラック)

プレミアムBDが無性に気になりますね(笑)現時点では別売されるものなのかどうかは不明ですが、DMCファンには訴求効果ありそうです。

PLAYSTATION 3(40GB) デビル メイ クライ 4 プレミアムBDパック クリアブラック 特典 スペシャルDVD(ソフト単品の特典と同内容・同仕様)付き PLAYSTATION 3(40GB) デビル メイ クライ 4 プレミアムBDパック クリアブラック 特典 スペシャルDVD(ソフト単品の特典と同内容・同仕様)付き

by G-Tools
PLAYSTATION 3(40GB) デビル メイ クライ 4 プレミアムBDパック セラミックホワイト 特典 スペシャルDVD(ソフト単品の特典と同内容・同仕様)付き PLAYSTATION 3(40GB) デビル メイ クライ 4 プレミアムBDパック セラミックホワイト 特典 スペシャルDVD(ソフト単品の特典と同内容・同仕様)付き

by G-Tools
       
 

PS3 2008年期待のPS3専用ソフト 1/20


PSUに2008年にリリースされるであろう「期待のPS3専用ソフト」が紹介されています。日本産のソフトも多数入ってますね。

【次点】
SOCOM: Confrontation
Tekken 6(鉄拳6)
MotorStorm 2

【10位~6位】
The Getaway 3
InFamous
WarDevil
Haze
Gran Turismo 5: Prologue

【上位5】順不同らしい
White Knight Chronicles(白騎士物語)
Killzone 2
Resistance 2
LittleBigPlanet
Metal Gear Solid 4: Guns of the Patriots

「あれ?なんで「グランツーリスモ5 プロローグ」が入ってるの?」と思いましたが、北米では3月18日リリースだったのを忘れていました(笑)同様に日本ではもしかして2008年中に発売されるかもしれない「ファイナルファンタジー13」も北米リリースはまだまだ先になるだろう事から外されているんでしょうね。

さて、トップ10のうちSCEブランドが5本(しかも上位5作のうち4本がSCE)である事をどのように考えるかです。ハードホルダーがソフトを牽引するというのは当然の義務とも言えますので、むしろサードの専用タイトルが少なすぎる事が問題でしょう。

国内ではセガさんがPS3専用タイトルに注力されてますが、日本人向けタイトルが多いですからねぇ。でも「龍が如く 見参!(YAKUZA3)」あたりはオリエンタルな作風が欧州で人気が出そうです。

ところで、この中で私が全く知らなかったタイトルが一本だけあります。それが「WarDevil」なんですが、実はこのゲームRTE1080と呼ばれる描画エンジンで動作し、1080pで60フレームが実現されるとの事です。しかし2005年のE3で既に発表されていて未だに情報が殆ど無いというのはどうなんでしょうか・・・。

WarDevil
http://ps3.ign.com/objects/750/750042.html

PSU's Top 10 Multiplatformers of 2008
http://www.psu.com/PSUs-Most-Anticipated-PS3-Exclusives-of-2008--a0002473-p1.php

       
 

PS3 「PlayTV」最新PV 1/19


欧州で春にリリース予定の「PlayTV」ですが、新PVが流れています。

特に目新しい情報はありません。英国Play.comにて3月28日リリースで99.99ユーロとアナウンスされましたが現在は削除されているらしく、未だ公式に発表はされていない状況です。発売予定の国は「英国」「フランス」「イタリア」「ドイツ」「スペイン」で、DVB-T規格のデジタル放送が採用されている国ならば対応可能でしょう。

とにかく実機の使用レポートが待ち遠しいですね。

関連記事
http://www.psu.com/PlayTV-in-action--a0002472-p0.php

       
 

PSP 海腹川背 Portable 1/18


既に電撃のページで昨年末に発売日等は発表されていたと思いますが、公式ページも更新されてWEB上でミニゲームが遊べるようになっています。ゲーム機とはさすがに操作性が違いすぎて楽しめるレベルだとは思いませんが「どのようなゲームか?」というのは感じ取れると思います。

ちなみに昨年末に発売された「ゲームセンターCX DVD-BOX4」にもSFC版「海腹川背」への挑戦が収録されていますので、放送時に「ラバーリングアクション」の面白さを知ったファンも多いかもしれませんね。

これから出張等も増えますので、気軽に遊べるゲームの一つとして購入予定です。

公式
http://www.mmv.co.jp/special/game/psp/umihara/

GameSpot
http://japan.gamespot.com/psp/news/story/0,3800075348,20365175,00.htm?ref=rss
電撃
http://www.dengekionline.com/data/news/2007/12/28/86c794c58a5bde6782a46fa7c08f22d4.html

海腹川背 Portable海腹川背 Portable

マーベラスエンターテイメント 2008-03-19
売り上げランキング : 214

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

PS3 「戦場のヴァルキュリア」発売日決定 限定版も 1/18


そろそろ来るかな?と思っていましたが「戦場のヴァルキュリア」の発売日等が正式にアナウンスされました。発売日は4月24日で定価が7980円、またリミテッドボックスが9980円となっています。

「リミテッドボックス」が今回発表されましたが、「ミニカー戦車」「アリシアちゃんフィギュア」「設定資料集」がセットになっています。本来であれば限定版には興味を持たない人なんですが、ミニカー戦車には心惹かれますね(笑)しかも電動と言うのが何とも魅力的です。

まぁ実際は500円で販売されている食玩の外装をゲーム内デザインに張り替えただけですので直ぐに飽きてしまいそうです。他の付録にはそれ程興味は感じないなぁ。

取りあえず発売日や商品詳細が確定しました、3月には「龍が如く 見参!」も発売されますし、春はセガさんのPS3オリジナルタイトルの勝負期間です。正直なところ売り上げ次第で次のPS3プロジェクトの動向も決まってくるでしょうから、好調なセールスを期待したいところです。

公式
http://valkyria.jp/

ニュース
http://japan.gamespot.com/ps3/news/story/0,3800075348,20365148,00.htm?ref=rss
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0801/18/news040.html
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080118/val.htm?ref=rss

戦場のヴァルキュリア(仮称)戦場のヴァルキュリア(仮称)

by G-Tools
       
 

アイ・オー・データ機器「BRD-UM4」 1/18


以前から欲しかったPC用Blu-ray記録ドライブを購入しました。HD DVDとのマルチドライブも検討しましたが、パナソニックかSonyのドライブが無難かなと考えるとマルチドライブは最初に選択肢から外れてしまいました。

ちなみに年明けに価格が改訂されたこともあり、オークションで3万円台で購入する事が出来ました。

私はAVCHD対応のビデオカメラを所有していませんので、現時点の使い道はBD-R(RE)によるデータの保管です。BD-R内に「Video」フォルダを作成して、その中にPS3対応の動画データを保存しておけば自由に再生する事が出来ます。勿論フォルダのネストも可能ですので、片面25GB・両面50GBの大容量を有効に活用する事が出来ます。

また、「B's CLIP」をインストールすればBD-REをDVD-RAMやMOのようなリムーバブルメディアとして使えますし、書き込んだディスクは勿論PS3でも問題なく認識されます。これは実に便利です。

しかし、こうやってPCに接続して使ってみるとBDが実によく考えられている規格であると再認識出来ます。DVDの頃はDVD-Rまでは最初から策定されていたようですが、使い勝手の良いDVD-RAMは既存ドライブでは読めず、互換性を重視したDVD-RWは使い勝手が悪いと言う状況でした。

その点、BDに関してはBD-REが最初から策定されていた(一番最初に登場したBDがBD-REだし)と言うのもあり、RAMの使い勝手と互換性を両立させた「完成された規格」です。また、BD-Rに関してもファイナライズ不要でプレイヤーで読み込みが出来ますので両方ともDVD時代の欠点を克服しています。これでこそ「上位規格」と呼ぶに相応しいレベルでしょう、当たり前と言われれば当たり前の話ですが。

と言いつつ、レコーダで録画したディスクが専用プレイヤーで再生できない「HD DVD」のような規格も存在するわけですが・・・、まぁこれは正直論外ですな。レコーダ中心の日本とプレイヤー中心の北米では市場が切り分けされるから実用上は問題が無い、と判断したのかもですが、この1点だけを取ってみても「妥協の産物」である事はご理解いただけると思います。

少し話が逸れてしまいましたが、今後はBDビデオの作成等にも挑戦してみたいと思います。欲を言えばBD-RのようにBD-REも値段が下がって欲しいと思います。BD-RE2層が1200円ぐらいで購入できたら相当に使い出があるんですけどねぇ。

リリースニュース
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/1024/iodata.htm
公式
http://www.iodata.jp/prod/storage/blu-ray/2007/brd-m4/index.htm

       
 

噂 「Crysis」がPS3に? 1/18


「Crysis」と言えば最新鋭エンジン「CryEngine2」を採用した新世代グラフィックのFPSです。その映像は実に圧倒的で確かに魅力的ですが、ゲームの為だけにCPUやビデオカードを増強する気にはなれない人もいるでしょう(私もそうです)

その「Crysis」がPS3用として追加要素を加味して開発されているとのインサイダー情報が流れています。あくまでも噂ですがCrytekは否定していない状況では期待するなと言うのも酷な話です。MGS4やFF13はあれだけ公的に否定されているにも関わらずマルチ化の噂(願望)が飛び交っているわけですから(笑)

ちなみにXbox360版については「性能的に難しい」との事です。Xbox360のみのユーザには申し訳無いのですが、マルチによる足枷が無い状態で「CryEngine2」の表現力をPS3がどこまで再現できるのか?ものすごく興味があります。720pならば相当に無茶が出来るハードですので、期待してしまいますね。

しかも発売はEAですので日本版ローカライズの可能性も低くは無い訳です。

「Crysis」公式サイト
http://www.japan.ea.com/crysis/


http://www.psu.com/Crysis-coming-for-PS3-while-360-falls-short--a0002464-p0.php
http://kotaku.com/346247/enhanced-crysis-rumored-for-playstation-3

       
 

祝!1000記事 1/18


この記事がようやく1000記事目になりました。
2006年10月に開始してから15ヶ月で1000記事と言うのが多いのか少ないのかは判りませんが、昨年中盤からの更新件数は自分自身でも驚く程のペースです。それでも書き足りない事が山のようにあるわけですから・・・。

今年はもう少し文章量を減らして簡潔に表現できるように心がけないと・・・。

       
 

PS3 「FIFA STREET 3」「Turok」Demo 1/18


「FIFA STREET 3」
これは結構面白いですね。現役の代表クラスのスター選手を使ってストリートサッカーをプレイするだけでワクワクしますし、テクニックも現実のプレイより相当に派手で気軽に楽しめます。ただ、同じEAの「FIFA 08」に比べると視点が引き気味で迫力に欠けるかな?とは感じました。せっかく面白いプレイをしていてもパン気味の映像では魅力半減ですから。
この辺りはEA Sprotsとは違うブランド「EA Sports BIG」の作品と言う事ですので気安く流用とかは出来ないんでしょうかね。

「Turok」
以前から注目していたFPSです。調べてみるとN64用ソフトとして発売された「バイオレンスキラー TUROK」のシリーズのようです。当時の日本ではFPSというジャンルが一般的ではなかった為にレビュー等を読んでいても「アクション」や「シューティング」であったりとマチマチでした。

早速体験版をプレイしてみました。いきなり洞窟からスタートしますが、尋常ではないぐらい「暗い」です。XEL-1でも標準設定では何も見えないので仕方なく輝度を10%ほど上げると進むべき道が見えてきます。少し歩くと白い小型恐竜との戦闘が開始されます。恐竜は勿論飛び道具なしでこちらに飛びついてきますので、その前に打ち倒してしまわないと結構厄介でした。弾が亡くなると仕方なくナイフで接近戦に持ち込まざるをえなくなりますが、恐竜の頭をナイフで貫いている映像は結構グロいですな。対人とは違った動きをするので新鮮で面白かったです。

体験版ですので触り程度ですが、標準コントローラでも特に不自由なく操作することが出来ました。DUALSHOCK3の振動に対応していないのは残念ですが、北米でも発売されればパッチ等で対応されるでしょう。なお、発売前にPS3版の完成度に疑問符が付けられていましたが、PS3用体験版をプレイした感じでは全く問題はありませんでした。

日本版のリリースも予定されているようですが(TGS2007のSCEJパンフレットに掲載されています)グロい表現がどの辺りまで調整されるのかが気になります。個人的には気に入りましたので、日本語版が発売されれば購入を検討しようと思います。

       
 

PS3 PSN最新情報 1/18


今週は「FIFA Street 3」「Turok」Demoが目玉でしょうか。しかし去年のクリスマス辺りから気になっていたのですが、Storeのトップページ右上の「Wats's New」が10件と言うのは情報量が少ないと感じました。せめてスクロールできるようにして欲しいものです。

ちなみに欧州PSNに配信されている「Cloverfield」はパラマウントの映画です(笑)「これは何かの前触れか?」と期待したいところですが、実は昨年8月の離反後にもPSNにトレイラーを配信していましたから関係は無さそうです。

欧州PSN
Demo
・NBA 08 Demo
・FIFA Street 3 Demo
Movie
・GT5 Prologue Trailer
・Brothers in Arms Trailer
・Borderlands Debut Trailer
・Cloverfield

北米PSN
Game
・Mesmerize
・Tori Emaki
・Blast Factor bundle
Demo
・Turok demo
・FIFA Street 3 demo
Add-on
・Motorstorm "Double Track" add-on pack
・Rock Band downloadable content
Movie
・PixelJunk Monsters trailer
・Syphon Filter: Combat Ops trailer
・Lost Planet trailer
・Brother In Arms: Hell's Highway trailer
・Dynasty Warriors 6 trailer
・Borderlands trailer

今回の配信で北米PSNにも「PLAYSTATION Eye」専用ツール(ゲーム)が揃いました。「Tori-Emaki」「Mesmerize」「Traials of Topoq」「Aquatopia」「Operation Creature Feature」ボリューム的には少ないでしょうが、これだけあれば結構楽しめるはずです。
対して日本では「THE EYE OF JUDGMENT」の追加パックが発売されるだけで上記のような専用ツールの配信等については全くアナウンスがありません。現時点では北米版PSNカードも発売されていないようですし、勿論日本からの購入手段もありません。

SCEJも「ハードを購入させたら終り」ではない事ぐらいは理解しているはずです。今回の件に限れば、それ程難しい事を要求しているとは思いません。「北米や欧州で販売されているソフトを日本からでも気軽に購入できるようにして欲しい」と言うだけのことです。

       
 

PS3 FragFX Controller 英国でも発売 1/18


コントローラでのFPS操作にどうしても馴染めない人にとっては救世主となる?「FragFX Controller」がいよいよ英国で発売されるようです。

欧州の中でも英国はFPS人気が盛んな国です(恐らく北米の英語タイトルがそのままプレイできる影響と思われます)ので、PCによるFPS操作に慣れたプレイヤーとしてはマウスで照準操作が出来る「FragFX Controller」は願ったり叶ったりでしょう。

正月休みに私同様FPSにどうも馴染めない会社の同僚に「FragFX Controller」でFPSタイトルをプレイしてもらいましたが、やはり標準コントローラよりは好感触だったと私は感じています。

現状は私も尋常ではない「積みゲー」達と真摯に向き合わなければいけませんので、FPSに本腰を入れる事は控えています。それでも、これだけ北米で新作が発表され続け、ゲーム内容も成熟しているFPSタイトルを楽しまないのは「勿体無い」とは常々思っているのです。秋の「レジスタンス2」や「キルゾーン2(こちらは日本発売されるかは不明ですが)」もリアルタイムで楽しみたいですしね。

勿論、今後は「Unreal Tournament 3」のようにPS3版でもUSBマウスとキーボードが使用できるFPSも増えてくるでしょうが、照準操作(視点)はマウスが圧倒的に有利だとしても逆に移動操作はゲーム専用コントローラならではの利点もあります。ゲームシステム構築も含めて今後のコンシューマFPSは「途上」とも考える事が出来ます。

更には「FragFX Controller」を超える互換コントローラを色々なメーカー(勿論日本企業も含む)が出して欲しいと思います。サードから色々な周辺機器が出てきて初めてゲームハードの成熟は成り立つものだと考えています。

記事
http://www.psu.com/FragFX-controller-coming-to-the-UK--a0002455-p0.php

ブログ内記事
http://mandom.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/ps3_fragfx_cont.html

【PS3】FragFX Controllerを見てみる

       
 

エースコックと「龍が如く」がコラボ 1/17


なにやらゲーム中に実際に登場するメニューらしいです。関西で発売されるのかどうかは判りませんが、見かけたら購入してみたいですね。

ところで「龍が如く 見参!」に関してはこうしたコラボ企画や発売2ヶ月前からのCM投入で気合の入ったプロモーションが目立ちます。しかし、こういった積極的な展開が「新鮮」に感じるのはなにやら不思議なものです。

何故なら昔のSCEJは「クラッシュバンディクー」や「サルゲッチュ」の頃、発売の相当前から大量のCM投入で一時的なブームまで作り出していた訳です。それが今では発売1週間前にアリバイ程度にCMを流す程度ですし、発売後にCMを見かける事は滅多にありません。
ゲームの質で言えばPS1当時の頃よりも確実に向上していますし、SCEのPS3タイトルに関してはもはや「外れなし」と言っても良い状況です。しかし「PS3本体は売れているし、そのうちゲームも売れるだろう」と見通してCM経費を削っているのでしたら、SCEJは物凄い過ちを犯しているような気もします。

http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0801/17/news078.html

龍が如く 見参! 特典 カムタイ -花夢隊- 祗園之巻付き龍が如く 見参! 特典 カムタイ -花夢隊- 祗園之巻付き

セガ 2008-03-06
売り上げランキング : 28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
       
 

PS3 「バイオニックコマンドー」リメイク版がPSNタイトルとして 1/17


これが以前噂になっていた「大手サードのリメイクタイトル」なんでしょうか?完全新作の「Bionic Commando」に関しては私も期待していますが、20年前の作品をどこまで最新ハードに製品としてアジャストさせてくるかどうかが気になります。

日本では発売されていませんがカプコンは「SUPER PUZZLE FIGHTER 2 TURBO HD REMIX」もPSNタイトルとしてリリースしています。体験版を再度プレイしてみましたが、ラフな部分も残しつつもHD映像を有効活用した作りでした。今回の「Bionic Commando」リメイク版に関しても「要領よく見栄え良く」仕上げてくるだろうと予想しています。なお、2プレイヤーモードや隠しエリア等の追加要素も含まれるとの事です。

日本でのリリースは春となっています、リメイクとは言え久々のサードからのPSN専用タイトルですので値段設定等を含めて興味がありますね。1000円程度なら購入しても良いかなと思います。

※スクエニのFF7がPSNタイトルでリメイクではとの噂も・・・。まぁ確実に話題になるタイトルなんでパッケージでしょうね、さすがに。

記事
http://ps3.ign.com/articles/845/845819p1.html?RSSwhen2008-01-16_045300&RSSid=845819

ブログ内過去関連記事
http://mandom.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/16_9ec2.html

       
 

PS3 PSN最新情報 1/17


やっと東京出張から帰ってきました。あいにくホテル周辺にはネットカフェも存在しないので情報を収集できずにイライラしましたね(笑
戻ってみると「戦場のヴァルキュリア」の発売日が決定したようで、またもや悔しい思いをする羽目になりました。

PSNの最新情報ですが、昨日更新分も掲載しております。

日本PSN
Game
・アーク ザ ラッド 3
・I.Q FINAL
Add-on
・アガレスト戦記 カスタムテーマ

アーク3はなぁ・・・、ヂークの扱いが酷すぎたなぁ(笑)今週は少ないという事は、どうやら来週にDMC4体験版が濃厚と考えてよいのかな。

       
 

今年のF1ゲームは?


スポーツゲームは最初にフランチャイズを確立さえすれば、ハードが変わらない限りは基本的にはデータの差し替えとバランス調整が中心になります。エディット機能である程度最新の情報に近づけることが可能なソフトも多いですが、ユニフォームの変更等は難しいでしょうから、やっぱり最新版で遊びたいと言う人も多いでしょうね。(とは言え、贔屓のチームが強い時に発売されたソフトはパラメータも有利に設定されてますので、この時期のソフトが一番という拘りの人もいるでしょう(笑)

毎年秋になるとEAやSCEあたりから最新データのスポーツゲームがリリースされてくる訳ですが、今年は「ん?F1ゲームがリリースされていない・・・」と今更に気付くことになりました。2006年末には「Formula One Championship Edition」がPS3で発売され、最新のデータでは無かったもののグラフィック的には悪くないレベルでした(個人的にはデモ版はイマイチでしたが)

今年もブラッシュアップして08年データを加味したバージョンが出てくるのかな?と期待していたのですが、今のところアナウンスはありませんね。毎年ルールが変更になっているF1ですので、最終ルールが確定してから最終調整とかなら嬉しいのですが、それ程期待は出来ないような・・・。

北米と欧州では同じモータースポーツでも好まれる傾向が全然違いますので、北米中心のデベロッパとしては中途半端な位置づけなんでしょうかね?私は北米風の豪快なレースよりもF1等の緻密なレースが好きですし、逆にWRCぐらい派手にやってくれた方が気持ちが良かったり。

SCEはせっかく「Formula One Championship Edition」でベースを作った訳ですから最新バージョンを出さないのは勿体無いと思います。2008年はナイトレースとかの新要素もあるし、面白そうなんですけどね。

余談ですが、昔WOWOWで放送していたBTCC中継のナイトレースは面白かったなぁ。木下隆之さんの解説が最高に面白かった記憶が有ります、雰囲気的には倉敷・金子のCLマドリー中継並みのダラダラ感が素敵でした。もう一度観たかったけど、手元にあるテープは標準DVテープ(ビデオカメラで普及したminiDVではない)なので、今じゃ再生機器も入手困難だったりする。
こうやって考えると記録メディアはやっぱり慎重に選んだ方が良いです。少なくともHD DVDでTV放送を録画してもレコーダ以外では再生できないのは論外ですわな・・・。標準DVユーザの悲劇を繰り返さない為にもHD DVDレコーダは普及して欲しくないです。

とまぁ、いつものように話がずれてきたのでここまでで。

       
 

DUALSHOCK3同梱モデルは? 1/16


昨日は「春の新入学/新社会人需要に合わせて「PS3 Best」を出してくるんじゃないかな?」と勝手な予想(要望)を書きましたが、もう一つ残っていました。

それは現行のPS3に同梱されているSIXAXISをDUALSHOCK3に交換した新セットです。これはSIXAXISの在庫に目処がつけばいつでも対応できる状況だとは思いますが、春頃に出す事が出来ればお得感が出てくるでしょう。

最近のコントローラは高機能化が進んでいますので、DUALSHOCK3は定価で5500円とゲームソフト並の価格です。例えば5万円の予算で「本体+ソフト2本」と「本体+DS3+ソフト1本」では買い得感が全然違います。対戦用に最初から追加コントローラを購入予定の方でも二つとも振動対応の方が良いに決まっています。尚且つSIXAXISとDUALSHOCK3の値段差は定価で500円しか変わらないのです。

まぁその前に北米/欧州でDUALSHOCK3を発売する必要もありましたね。特にMGS4はDS3完全対応もアナウンスされていますので、春までには潤沢に海外市場で供給しておかないとコナミに申し訳ないですしね。

結局は秋の新型に同梱になるのかな、やっぱし。

個人的にはSIXAXIS/DUALSHOCK3とPSPをUSBケーブルで接続して外部コントローラとして使える機能を待ち望んでいたり・・・。

       
 

公式ページを見る


少し調べものが有った時にバンナム(ナムコレーベル)の公式PS3ページを見たのだが、これが結構面白い。

【ナムコレーベル家庭用ゲームソフト一覧】
鉄拳6
のびのびBOY
新RPG
新シューティングゲーム
新スポーツゲーム
ソウルキャリバーIV
トラスティベル ~ショパンの夢~
タイムクライシス4(ガンコン3同梱)
鉄拳5 DARK RESURRECTION ONLINE
鉄拳5 DARK RESURRECTION
リッジレーサー7
http://namco-ch.net/list_game/list.php?hid=28

おーい、「新なんとか」が多いぞー。
取りあえず「新RPG」の正体が「トラスティベル ~ショパンの夢~」とは別物で無かった事には安堵しておきましょう(笑)まぁバンナムのことですから何事も無かった事にされている可能性もありますが・・・。

本当に開発されているなら期待したいのは「新シューティングゲーム」。ドラゴンスピリットの3DフルリメイクSTGとかなら海外でも受けそうなんですがね、ドラゴン好きの日本人にも大丈夫。しかしリアルな映像で首が増えたり減ったりする表現はどうなんだろうか・・・。操作は勿論SIXAXIS対応で!

時間が有れば他ソフトハウス(海外含む)の公式ページもチェックしてみたいですね。

       
 

Factor5がWii用ソフト開発へ 1/16


PS3ラバーとしては残念なニュースです。LAIRで技術力を見せ付けてくれたFactor5の次回作はPS3ではなくWiiになるとの事です。まぁLAIRの振動対応パッチやDLC等、その後の情報が全く無いことから嫌な予感はしていたのですが。

Factor5といえば元々はGC用のスターウォーズシリーズが有名でしたので、開発しやすいプラットフォームに戻ったと言う事でしょうか。一応はエンジン等も作り直すとの事みたいですが・・・。

Wiiで小銭を稼いで、機会を見つけてPS3用のソフトも開発していただけたらと思います。
http://www.1up.com/do/newsStory?cId=3165416

       
 

ハイビジョンラバーの記事を読んで 1/15


「ハイビジョンラバー」こと麻倉怜士氏のCES2008レポートを読みました。私は麻倉氏の愛のある文章が大好きですが、今回の「最終便」は優しい文章は変わらずも内容は辛らつで驚かされました。ブログに好き勝手書いている私と麻倉氏の立場は全く違います、「ここまで書いてしまって良いのだろうか?」これが最初の感想です。

とは言え内容事体は正直なところ「東芝以外は皆が思っている事」な訳で、目新しい部分はありません。ワーナーの発表のタイミングは明らかに意図的だし、CES2008後のリリーススケジュールを見ていても、もはや「公平」に扱う気が無い事は誰にでも判ります。(パラマウントのように発売予定スケジュールを全てキャンセルする処置は「民度が低い」としか言いようがありませんが)

今回の次世代DVD戦争は「VHSとベータ」「VHDとLD」「MDとDCC」あたりの過去の規格競争と対比されることが多々もあります。東芝はどちらかと言うと劣勢規格の支持側だった事の方が多いはずですので、過去の例から「引くにしても、もう少し頑張らないと示しがつかないのではないか?」と考えているのではないかと思える部分もあります。

しかし「もはや時代はそこまで悠長ではない」のです。

これからの展開は東芝の姿勢が問われます。「メンツ」に拘るのか、もしくは少しでもBD普及を妨げて既存のDVD利権を維持しようとするのか、どちらにしても時代に逆行する「大悪行」です。麻倉氏一人だけではなくメディア全体が東芝の所業を糾弾すべき状況でしょう。

そして、そういう私も東芝のBlu-ray版RDレコーダを使ってみたい一人のAVファンなのです。

http://www.stereosound.co.jp/hivi/detail/feature_372.html

       
 

PS3 Xbox LIVEを上回る実績システムを検討 1/15


昨日のニュースです。

2月のGDC2008による詳細発表が期待されている「home」ですが、目玉機能の一つとしてXbox LIVEを上回る「実績機能」の搭載を計画しているらしいです。

以前からアナウンスされている「トロフィー」機能からどのように進化しているのか?現時点では明らかにされていませんが、プレイヤーのスキルや愛着度を評価する新しい方向性のシステムとの事です。

個人的に「実績機能」は日本のゲーム文化にはそれ程馴染まないシステムなのかな?とは感じています。私がFF11をプレイしていたときも、レアな廃人装備を見せびらかすように放置しているキャラは決して良い評判は立ちませんでした。このあたりが文化の違いと言う奴ですね。

「home」にはゲームの実績を他人に自慢するシステムよりも、アバターを通したコミュニケーションツールとしての方向性を強化して欲しいと思います。

ともあれGDC2008での「home」への注目度が高くなってきました。PS3の今後の方向性を指し示す中核システムですから当然ですね。

http://www.psu.com/PS3s-achievement-system-to-surpass-XBLs--a0002417-p0.php

       
 

そろそろ「PLAYSTATION 3 the Best」が欲しい


先週は20GB/60GB版PS3の出荷終了に伴い、色々と考える部分がありました。私個人としてはそれ程重要ではないPS2互換機能だったとしても世間一般的にはそうではありません。初代機がオークション等ではまたもや値上がり傾向(一般店舗は売り切れが多い)ですし。

期間は長くなかったですが私もPS2ロンチの頃はPS1ソフトも遊んでいましたし、同時に「PS2ソフトは映像は凄いが高い」と言う認識も有りました。これは「PlayStation the Best」の存在が大きかったと思います。過去の人気ソフトの新品が半額近い値段で販売されていたのですから割高感が有ったのも仕方がない部分もあります。

現時点の一番安いPS3でも4万円弱ですから同時に購入できるゲームソフトも多くて2本ぐらいでしょう。その時に「Best」価格のタイトルが有るとユーザも安心して選べますし、新たなプレイヤー層の発掘も期待できます。

2007年秋以降のSCEブランド海外タイトルも出来のよさは文句なしのレベルでしたが、結果としては日本ではそれ程売れませんでした。それでも今後は「Best」価格にして新規ユーザへと再アピールすれば「プレイしてみようかな?」と掘り起こしも期待できるはずです。

春の新入学/新社会人需要に合わせて「Best」を出してくるんじゃないかな?と私は期待しています。ラインナップは「レジスタンス」「モーターストーム」「GENJI-神威奏乱-」あたりが予想しちゃいます。でも、レジやモタストは続編のリリースもほぼ確定ですので、発売前のプロモーションを兼ねて改訂されるかも。

       
 

PS3 トラスティベル~ショパンの夢~ 1/15


元々はそれ程期待していないソフトでしたが、PS3の相変わらずのRPG不足が解消される見通しが立たない状況では恐らく手を出すだろうなぁと半ば諦め気味です(笑
しかし、いくら強化版として再構成されるとは言え、ベースが昨年発売されたXbox360版であることは事実ですから情報を深追いするのも危険です。と言う事で恐る恐るの情報収集になります。

現時点で判明しているPS3版の強化内容は下記の通り。

操作可能キャラ追加
再改訂イベント
新クエスト追加
新コスチューム追加

マルチエンディングと言う話もあったけど、あれは噂に過ぎないのかな?まぁ新鮮な気分で遊びたいのでストーリーに関する情報はそこそこにしておきましょう。

昨年のXbox360版の体験版の感想では戦闘システムとかは結構面白かったのですが、背景が固定マップと言うのがどうにも馴染めませんでした。その割には木の影で見えなくなる部分とかもあったのが今でも覚えています。この辺りがPS3製品版では少しでも改善されていれば良いのですが。

ところで、PS3版の記事を読んでいると「追加要素」の情報がやたらと目に付きます。勿論Xbox360版をプレイした人にも遊んでもらおうとの目論見が大きいと思うのですが、それ以前に「オリジナルは完成度低かったのか?」と勘ぐってしまいがちな自分に嫌気がさす訳でもありませんが(笑)まぁ最終的な評価はクリアしてからですね。

発売日も現時点では未定ですが、龍が如くの3月6日から2週離して3月27日と一応2007年度中に出してくるのでは?と勝手に予想しています。

関連
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080107/tb.htm

公式
http://namco-ch.net/trustybell_ps3/index.php

       
 

東芝、北米向けHD DVDプレーヤーを最大200ドル値下げ 1/14


CES2008の惨状を受けてHD DVD陣営はどのように手を打ってくるかなと考えていましたが、最後の賭けといいますか、まぁこれしか無いんだろうなぁと。

HD-A3  299.99ドル ⇒ 149.99ドル
HD-A30 399.99ドル ⇒ 199.99ドル
HD-A35 499.99ドル ⇒ 299.99ドル

完全な投売り状態で利益など最初から考えているとは思えませんが、取りあえずはプレイヤー台数を少しでも増やしてしまえという事です。周知の通り北米ではプレイヤーを購入するとソフトが数本付いてきますので実質的には無料でプレイヤーをばら撒いているようなものです。

ワーナーショックの影響でユニバーサルやパラマウントまで揺れているのは事実でしょう。2社がBD/HD DVD両対応になれば完全に終戦ですので、HD DVD陣営としては「独占状態」の維持が現在の必須命題になります。

しかし同様に赤字販売といわれてきたPS3は台数も順調に増え、粛々とコストダウンが進んでいっています。東芝のHD DVDプレイヤー事業が黒字転換する見込みはあるのでしょうか?今以上の赤字をいつまで垂れ流していけば気が済むのでしょうか?

そして日本企業でありながら北米だけ赤字販売を進行させ、日本国内の価格は未だ据え置きと言うのはHD DVDに少なからぬ興味を持っている映像ファンにとってはどのような心境でしょうか?昔と違い今はネットで海外情報も即座に入手できますし、ブログや掲示板で好き勝手な事を書かれるわけですから(笑

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080114/toshiba.htm?ref=rss

       
 

PS3 PlayTVキタコレ 1/14


個人的な事情により一日古いニュースですが。

昨年末に「3月28日に99.99ユーロで発売されるのでは?」との噂が出ましたが、どうやら本当だったようです。現在判明している仕様は下記の通りです。

・ダブルチューナー
・タイムシフト機能
・1週間分のEPG
・PSPへの動画転送機能
・PSPからのリモートプレイにて視聴可
・BDリモコンも利用可能

とまぁデジタルレコーダとしてはごくごく普通の機能ですが、手持ちのPS3に接続するだけで使用可能というのが大きいです。しかし、実用的に使うにはHDD換装も必要ですので、250GB仕様にするなら日本円で合計3万円ぐらいは必要になるでしょう。

「ゲーム中に予約録画時間が迫ってきたらどうなるのか?」とか不明な部分も多々ありますし、私の場合はゲーム機としてのPS3を優先に考えたいので、日本で発売されたとしてもメインPS3での使用にはならないでしょう。と言いますか、日本では登場しない可能性のほうが高いのかな、やっぱし・・・。

昨年のGC2007時のPlayTVデモ映像をYoutubeで張っておきますので、レスポンスの良さに注目してください、そしてデモ映像がサッカーやモータースポーツである事に文化の違いを感じてください(笑

GC2007時のデモ映像

ソース
http://ps3mods.blogspot.com/2008/01/playtv-release-date-and-price-announced.htmlhttp://www.ps3fanboy.com/2008/01/13/playtv-dvr-gets-priced-dated/

関連ブログ記事
http://mandom.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/ps3_playtv20083_d0f0.html

       
 

CES2008が終わって


年始最初のビッグイベント「International CES 2008」も終了しましたので、私が注目していたポイントについて感想を書いておきます。

【プラズマの逆襲はなるか】
CES2008で感じたのは「プラズマ陣営の勢い」です。確かにプラズマを主力としているメーカーは日本ではそれ程多くありませんし、私自身も「プラズマはなぁ」と感じている部分は若干残ってます。正直他人には勧める気にはなれません。

それだけプラズマは最初の印象が悪すぎました。「高い」「映像がイマイチ」「尋常ではない消費電力」「高精細化が厳しい」等々。徐々にこれらの問題が少しずつ解決していったのも認識していますが、「それまでの商品はなんだったんだ?」と言った心境もあるのです。

しかしここに来てパイオニアの「KURO」であったりと画質に注力したプラズマが評価されてますし、CES2008では様々な新技術を発表しています。私は「ようやくプラズマも成熟したのかな」と認識を改めなければいけない時期に来ているのかなぁとは感じています。

とは言え現時点でも40型未満のフルHDプラズマは登場していません。37型辺りでKUROクラスのフルHDプラズマが20万ぐらいで購入できるようになれば購入を検討するかもしれません。その前に有機ELの大型化が先に来るかもですが・・・。

確かに有機ELと比べると液晶同様に素性の悪さは感じるものの、それでも発光デバイスの利点や動画解像度等を考えると「有機EL大型化までの繋ぎ」として期待してみたいですね。

【Blu-rayの勢い】
今週のブログはとにかく「Blu-ray」関連ニュースだらけでした。私もCES2008の情報を追いかけながらも途中からお腹一杯になってしまったぐらいです(笑)

本来CES2008の目玉の一つに「次世代光メディア戦争」があった訳ですが、CES2008開催前の「ワーナーショック」により状況は一変、更にはHD DVD陣営は敵前逃亡と言うお粗末な対応で「終戦」ムードさえ漂ってしまった結果になりました。勿論BD陣営に関してはこのような状況とは関係なく魅力的なハードやソフトが多数発表されており、ラインナップの成熟をアピールするだけで圧勝できた状況だとは思いますが。

余談ですが話題になった1/10のテレ東「ワールドビジネスサテライト」を観ました。とは言いましてもテレビ大阪の生放送では無くて1時間後に録画放送されたKBS京都ですが。「どうせここまで圧倒的でも東芝に遠慮して五分五分みたいな表現するんだろう?」と思い込んでいたので録画してなかったのですが、きのこるスレで大騒ぎになったので慌ててKBS京都を予約しました。確かに私の予想を遥かに上回る「HD DVDへのフォローが一切無し報道」で腹を抱えて笑ってしまいましたが、同時に「メディアは容赦ないなぁ」とも感じました。

テレ東と言えば年始の吉本9時間番組ではレグザやA301やコスミオをプレゼント商品として「ドン」とアピールしていて、年始から嫌な気分になった記憶も新しいのです。番組が違うとは言え本当にメディアは怖い、補正をかけなければこうなると言う良い見本でした。

【NCヘッドホン】
私は「MDR-NC22」と言うNCヘッドホンを愛用しています。以前ブログにも書きましたが外を出歩くときだけではなく、簡易耳栓として考え事をするときにも装着して周囲の騒音を消していたりします。特に洗濯機やエアコンの動作音はほぼ完璧に消えてくれますね。

CES2008では「MDR-NC500D」というNCヘッドホンが発表されました。残念ながら日本での発売予定は不明ですが、最大99%のノイズキャンセリング効果と言うのは凄まじいです。「MDR-NC22」がカタログでは75%、「MDR-NC60」でも85%ですので一度体感してみたいものです。でも「MDR-NC500D」はヘッドバンド型ですのでカナルタイプの改良型に期待したいですなぁ。

       
 

PS3/PSP 無限回廊 -序曲- 1/13


何気にPS3ソフト情報を見ていたら「echochrome 無限回廊(仮)」が「無限回廊 -序曲-」との正式名称になっていて、しかも3月19日配信予定になっているではないですか。毎日ゲーム情報をチェックしているつもりだったのに、漏れることもあるんだなぁ(笑)

で、どうやらPS3版はPSP版のサブセットの扱いになるんですかね?PSP版も同日発売でこちらは3,980円のパッケージソフトになりますが、PS3版はDLですが800円になりますので。

タイトル:無限回廊
対応フォーマット:PSP
ジャンル:錯視パズル/CERO:審査予定/希望小売価格:3,980円(税込)
発売時期:2008年3月19日予定

タイトル:無限回廊 -序曲-
対応フォーマット:PLAYSTATION3
ジャンル:錯視パズル/CERO:審査予定/販売価格:800円(税込)
配信時期:2008年3月19日予定

もう少し詳細情報が欲しいところですね。PS3とPSPでは黒白逆転していることぐらいしか知らないぞ(笑)

公式
http://www.jp.playstation.com/scej/title/mugen/

ムービー
http://www.jp.playstation.com/movie/tgs07/sce_mugen.asx

       
 

PS3/Xbox360 「Star Wars: The Force Unleashed」 1/12


暫く放置されていましたが、CES2008にて久しぶりに情報が出てきました。プレイヤーはダースベイダーの弟子になって活躍すると言うアレな設定ですが、元々小説とかで無茶苦茶やってますので違和感はないですね(笑)

ゲームスタイルはライトセイバーによるチャンバラとフォースを使ったアクションで、ライトセイバーはカスタマイズできるとの事です。さすがはベイダー卿の弟子だけはあります。

現在は昨年のE3動画しか閲覧することは出来ませんが、フォースアクションが格好良くて面白そうです。CES2008版はこれからどれだけ進化しているのか興味があります。

予定では2008年発売予定になっていますが、粛々と開発が進められていることが判っただけでも良かったと思います。

http://www.psu.com/New-Star-Wars--The-Force-Unleashed-info--a0002395-p0.php
http://ps3.ign.com/objects/823/823668.html

       
 






nend
DMM